47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 北海道

GWに間に合った 札幌でサクラ開花

GWに間に合った 札幌でサクラ開花

  札幌管区気象台は28日、札幌市でサクラが開花したと宣言した。平年より5日早く、昨年より3日遅い春の便りとなった。  28日午前、同市中央区の気象台敷地内にある標本木のソメイヨシノが6輪、咲いているのを職員が確認した。3、4日後に満開となる見込みという。…[記事全文]

2017年04月28日【北海道新聞】

ひと足早くサクラの香り さっぽろ東急

ひと足早くサクラの香り さっぽろ東急

  「もうすぐ春だね」―。薄紅色の花を咲かせたサクラを、買い物客がうっとりと見つめた。札幌市中央区のさっぽろ東急百貨店(北4西2)は、約1千本の枝を北側玄関ロビーに展示している。現在は八分咲き。同店によると、週内にも満開になる見込みだ。  9日から始まった。早咲きで知られる「啓翁桜(けいおうざくら)」を中心に、トウカイザクラ、オカメザクラ、オトメザクラの4種…[記事全文]

2017年03月17日【北海道新聞】

室蘭で28、29日にわしべつ川沿い桜まつり

室蘭で28、29日にわしべつ川沿い桜まつり

  第16回わしべつ川沿い桜まつりが28、29の両日、室蘭市高砂町の高砂3丁目公園で行われる。今年もダンスやカラオケ、ビンゴ大会など各種企画がめじろ押し。露店も40店並び春の祭典を盛り上げる。  28日は午前11時から開会式を行い、バンド演奏やジャズダンス、よさこいソーランなどが相次いで行われる。午後4時20分からは全国放送のテレビ番組で歌声を披露した竹野留…[記事全文]

2016年05月26日【室蘭民報】

“日本一遅い”桜まつり熱気 釧路町、気温上昇しにぎわう

“日本一遅い”桜まつり熱気 釧路町、気温上昇しにぎわう

  【釧路町】釧路、根室管内は21日、暖気が上空に入り、前日に続き夏を思わせる陽気となった。「日本で一番遅い桜まつり」と銘打った第35回釧路町桜まつり(実行委主催)が開かれている別保メモリアルパークでは、ソフトクリームやかき氷に手を伸ばす人の姿が目立った。  釧路地方気象台によると、釧路市と白糠町、阿寒湖畔を除く計17地点で今年最高気温を記録。中標津空港は3…[記事全文]

2016年05月22日【北海道新聞】

二見桜並木を限定公開 網走刑務所 見ごろに合わせ

二見桜並木を限定公開 網走刑務所 見ごろに合わせ

  【網走】網走刑務所の二見ケ岡農場内にあるエゾヤマザクラの並木が15日、特別に一般公開された。大型連休中に行われた毎年恒例の公開時には開花が間に合わなかったため、刑務所が桜の見ごろに合わせ同日限定で公開を許可した。並木は開拓時代の古道沿いに並び、訪れた人々はまちの歴史に思いをはせながら満開の桜を楽しんでいた。  「二見桜並木」と呼ばれる桜は、明治期に囚人を…[記事全文]

2016年05月17日【北海道新聞】

伊達・大滝小横の寄り添う「菊子桜」満開に

伊達・大滝小横の寄り添う「菊子桜」満開に

  伊達市大滝区優徳の大滝小学校横にある「菊子桜」が満開を迎えた。樹齢140年といわれる2本のエゾヤマザクラ。サクラをこよなく愛した所有者・橋本誠一さん(80)の母にちなんで名付けられた。  橋本さんによると、例年より10日ほど遅い15日に満開となった。色合いが微妙に異なるサクラが、まるで夫婦のように寄り添い、花を咲かせている。  橋本さんは「母が大事に育…[記事全文]

2016年05月17日【室蘭民報】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶