47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 岐阜

“当たり年”荘川桜満開 高山市

“当たり年”荘川桜満開 高山市

  岐阜県高山市荘川町中野、荘川桜公園の荘川桜(県指定天然記念物)が満開を迎えた。  樹齢約500年の2本のアズマヒガンザクラ。御母衣ダム建設に伴い、1960年、湖底に沈む二つの寺の境内からダム湖のほとりに移植された。  市によると、例年より10日ほど早い17日に開花。今年は花芽のつきがいい当たり年で、高さ20メートルを超える巨木に薄いピンク色の花が咲き誇…[記事全文]

2016年04月25日【岐阜新聞】

しだれ桜照らされ浮かぶ 高山・朝日町

しだれ桜照らされ浮かぶ 高山・朝日町

  高山市朝日町の各地で、しだれ桜が見頃を迎えている。夜間はライトアップされ、昼間とは違った神秘的な姿を楽しめる。  青屋地区の神明神社では、満開の桜が水田に映り、逆さになった桜との美しい共演を見せている。主催する地元の飛騨あさひ観光協会によると、今年は暖冬の影響で、例年よりも十日ほど早く満開を迎えたという。点灯時間は午後六時半ごろから九時ごろまで。  浅…[記事全文]

2016年04月22日【中日新聞】

荘川桜、厳かに輝く ライトアップ控え試験点灯

荘川桜、厳かに輝く ライトアップ控え試験点灯

  岐阜県高山市荘川町中野、荘川桜公園の県指定天然記念物「荘川桜」のライトアップの試験点灯が19日夜に行われ、かれんな花を付けた巨木が幻想的に照らし出された。  御母衣ダムに面して立つ樹齢約500年の2本のアズマヒガンザクラ。1960年に、ダム湖に沈んだ二つの寺の境内からそれぞれ移植された。  市によると、例年より10日ほど早い17日に開花した。花芽のつき…[記事全文]

2016年04月20日【岐阜新聞】

臥龍桜、不動の美 高山市で早くも満開

臥龍桜、不動の美 高山市で早くも満開

  岐阜県高山市一之宮町、臥龍(がりゅう)公園の「臥龍のサクラ」(臥龍桜、国指定天然記念物)が15日、満開を迎え、薄紅色の花のうろこをまとった「龍の姿」が現れた。  推定樹齢1100年のエドヒガンザクラ。高さ約20メートル、枝張り約30メートル、幹回り7.3メートルで、龍が伏した姿に見える樹形から名が付いた。  市によると、例年より1週間ほど早く開花。満開…[記事全文]

2016年04月16日【岐阜新聞】

春の高山祭始まる 屋台と桜共演

春の高山祭始まる 屋台と桜共演

  国の重要無形民俗文化財「春の高山祭」が14日、岐阜県高山市の中心部で始まった。暖冬の影響で桜の開花が早まり、12の祭り屋台との共演が観光客らの目を楽しませている。  前日からの雨が上がった14日朝、各町内から屋台が出発し、満開の桜に彩られた中橋などを通過。古い町並み周辺に屋台が曳(ひ)き揃(そろ)えられ、からくり人形による演技が披露された。  各屋台は…[記事全文]

2016年04月14日【中日新聞】

善兵衛桜、わが“夜”の春 郡上市でライトアップ

善兵衛桜、わが“夜”の春 郡上市でライトアップ

  岐阜県郡上市明宝大谷の市天然記念物「善兵衛桜」が見ごろを迎え、地元有志によるライトアップが行われている。  善兵衛桜は推定樹齢約300年と言われるエドヒガンザクラ。10年以上前の河川改修工事をきっかけに周辺を手入れし、今では立派な枝ぶりを見せている。幹回りは約3メートルで、住民は「熱心な手入れで年々太くなっている」と話す。現在は支柱なしで自立している。 …[記事全文]

2016年04月12日【岐阜新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶