47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 福井

幸せも…シダレザクラ満開 坂井

幸せも…シダレザクラ満開 坂井

  坂井市丸岡町山竹田のシダレザクラが十八日、満開となった。  百本ほどが植えられている「たけくらべ広場」は、ピンク色のかすみがかかったかのよう。石川や岐阜、滋賀など他県からも人々が訪れ、花の「シャワー」を見上げては、そぞろ歩きを楽しんでいた。  結婚記念の写真撮影をするカップルもいて、午前中には越前町の西川一将さん(25)と大井理沙さん(25)が親族らと…[記事全文]

2017年04月19日【中日新聞】

金色に輝く満開の「楊貴妃桜」 福乗寺、ライトアップ16日まで

金色に輝く満開の「楊貴妃桜」 福乗寺、ライトアップ16日まで

  福井県若狭町関の福乗寺にある町指定天然記念物「楊貴妃桜」が見ごろを迎えた。12日夜からはライトアップが始まり、多くの町民らが光を浴びて金色に輝くサクラを見ようと足を運んでいる。  同桜はサトザクラの一種で境内の中央にある。地元のシンボルとして親しまれている。樹齢200年以上とされ樹高約5・5メートル、幹回りは約2メートル。ライトアップは16日まで。天候を…[記事全文]

2017年04月14日【福井新聞】

樹齢150年超、暗闇に浮かぶ桜 味真野小の校庭の真ん中に1本

樹齢150年超、暗闇に浮かぶ桜 味真野小の校庭の真ん中に1本

  福井県越前市の市文化財に指定されている味真野小の校庭の桜が15日まで、ライトアップされている。満開となった淡いピンクの花が夜の闇に浮かび上がり、平日でも多くの人が訪れている。  桜は樹齢150年以上のエドヒガンザクラ。校庭の真ん中にある一本桜として、地元で親しまれている。毎年ライトアップを企画する地元グループ「さくらぶ」の高野宏明さん(70)によると、先…[記事全文]

2017年04月12日【福井新聞】

樹齢370年、しだれ桜が満開 足羽神社、福井市の天然記念物

樹齢370年、しだれ桜が満開 足羽神社、福井市の天然記念物

  福井市の足羽山の足羽神社にある樹齢約370年のしだれ桜が満開となり、11メートルほどの高さから手が届くところまで淡いピンクの花が流れ落ちそうに咲き誇っている。10日は家族連れや観光客らが記念撮影したり、じっくり眺めたりして楽しんでいた。  しだれ桜は市の天然記念物。同神社の馬來田善敬宮司によると、5日に開花し9日に満開となった。満開は昨年より1週間遅く、…[記事全文]

2017年04月11日【福井新聞】

プール屋上、最後の花見 越前湊さくら祭、解体前に開放

 プール屋上、最後の花見 越前湊さくら祭、解体前に開放

  福井市の足羽川右岸堤防沿いの照手・木町さくら並木通りで八日、第十五回越前湊さくら祭が二日間の日程で始まった。会場となった旧市営三秀プール(照手三)では六月に解体工事が始まることから、管理棟の屋上を特別に開放。訪れた人は眼下に広がる満開の桜を楽しんだ。  祭りは住民らでつくる実行委員会が開いた。四百メートルの通り沿いには焼き鳥や人形焼きの出店、弓道体験など…[記事全文]

2017年04月09日【中日新聞】

大雪乗り越え小浜の名物桜見ごろ 市の天然記念物、ライトアップも

大雪乗り越え小浜の名物桜見ごろ 市の天然記念物、ライトアップも

  福井県小浜市内の妙祐寺で6日、名物のしだれ桜が見頃となり、今週末から満開となりそうだ。同市内は2月に記録的な大雪に見舞われただけに、積雪を乗り越えて咲き誇り始めた花々が“待望の春”を演出している。  小浜市の天然記念物に指定されているしだれ桜が8分咲きとなり、一気に見頃を迎えた。薄いピンクの花びらが木を覆うように広がり、親子連れらが続々と見に来ている。 …[記事全文]

2017年04月07日【福井新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶