47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 青森

三沢「桜まつり」、今春から「春まつり」に

三沢「桜まつり」、今春から「春まつり」に

  三沢市観光協会は、毎年4月29日に市中央公園(同市桜町1丁目)で開いてきた「みさわ桜まつり」を今春、「みさわ春まつり」に一新する。近年、桜の開花が早まる傾向にあることから、バーベキュー中心のイベントに変更。大型連休期間中に実施する同公園内のライトアップの方法を見直すほか、まつり当日だけ設置していたテントを大型連休期間中にも開設、雨天でも楽しめるようにする。…[記事全文]

2017年02月08日【東奥日報】

黒石・青荷温泉の桜が見ごろ

黒石・青荷温泉の桜が見ごろ

  「ランプの宿」として知られる黒石市沖浦の青荷温泉で、桜が見ごろを迎えた。大型連休最終日の8日、山里にようやく訪れた春の彩りが、行楽客の目を楽しませていた。 …[記事全文]

2016年05月09日【東奥日報】

曳屋けん引 人出236万/弘前さくらまつり閉幕

曳屋けん引 人出236万/弘前さくらまつり閉幕

  弘前市の弘前公園で開かれていた弘前さくらまつりは5日、閉幕した。4月23日から13日間の人出(まつり本部発表)は計208万人、桜早咲き対応の「準まつり体制」(16~22日)を含めると計20日間で236万人を数え、同じく早咲きで準まつり体制を敷いた昨年の226万人(計19日間)を上回った。弘前城の天守曳(ひき)屋(や)後初のまつりとなった今年は、期間限定の新…[記事全文]

2016年05月06日【東奥日報】

胆振西部でお花見日和、桜や梅の名所の一部見頃迎える

胆振西部でお花見日和、桜や梅の名所の一部見頃迎える

  胆振西部では5月に入り、伊達市や壮瞥町にある桜や梅の名所が、一部で見ごろを迎えている。早ければ連休中に満開になりそう。家族でお花見はいかがだろう。  伊達市内の桜は場所によって開花は異なるが、エゾヤマザクラやソメイヨシノが各所でほころび始めた。松ヶ枝町のだて歴史の杜総合運動公園大手門近くの桜は、ほぼ満開。観光客らが記念撮影を楽しむ。有珠町の善光寺自然公園…[記事全文]

2016年05月03日【室蘭民報】

「横浜緋桜」など遅咲きの桜見ごろ/弘前公園

「横浜緋桜」など遅咲きの桜見ごろ/弘前公園

  弘前さくらまつりが開かれている弘前公園では、遅咲きの桜が見ごろを迎えている。外堀沿いや園内のソメイヨシノなどは花の盛りを過ぎたが、大型連休後半は「弘前雪明かり」や「東錦」など、これから満開を迎えるさまざまな種類の桜を楽しめそうだ。 …[記事全文]

2016年05月01日【東奥日報】

シダレザクラ見ごろ/はちのへ公園春まつり

シダレザクラ見ごろ/はちのへ公園春まつり

  八戸市十日市の八戸公園で「はちのへ公園春まつり」が開かれている。園内の桜約2千本のうちソメイヨシノは葉桜になったが、シダレザクラは満開で、来園者の目を楽しませている。5日までのまつり期間中、地元団体によるステージ発表など、さまざまなイベントが開かれる。 …[記事全文]

2016年04月30日【東奥日報】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶