47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜 >  てくてく桜 秋田

桜の下で(5)横手市平鹿町・リンゴ畑

桜の下で(5)横手市平鹿町・リンゴ畑

  リンゴ畑の小高い丘に桜の苗木を鈴木勝治さん(78)が植えたのは、「桜の下で一杯飲めたらいいべなあと思って」のことだったという。  いつ植えたのか、はっきり覚えてはいないが、「20年くらい前に湯沢であった種苗交換会で苗を買った」というから、恐らく1998年のことだ。  横手市平鹿町醍醐の山裾でリンゴを育て、50年近くになる。最盛期に200本以上あったリン…[記事全文]

2017年05月01日【秋田魁新報】

桜と菜の花ロード 干拓地バスで回ろう

桜と菜の花ロード 干拓地バスで回ろう

  秋田県大潟村干拓博物館は3~5日、日本最大の干拓地を巡るバスツアーを開催する。  穀物を保管するカントリーエレベーター、日本一低いとされる海抜0メートルの人口の山「大潟富士」、大規模農地などをボランティアガイドが約1時間かけて案内する。県道の脇に約11キロ続く「桜と菜の花ロード」も見ることができる。博物館の担当者は「県内外の人たちに村の魅力を知ってほしい」…[記事全文]

2017年05月01日【河北新報】

桜の下で(4)横手市本町・住宅街の公園

桜の下で(4)横手市本町・住宅街の公園

  横手市本町の住宅街にある公園「原っぱモトマチ」の桜は満開。はす向かいに住む泉田和子さん(72)は、30日に予定されている町内会の花見を楽しみにしている。  50年前に稲川町(現・湯沢市)から嫁いできて、町内会の花見に参加したのは、昨春が初めてだった。その5カ月前、2015年11月に74歳だった夫の守正さんを亡くしていた。  21歳で見合い結婚。「私の一…[記事全文]

2017年04月28日【秋田魁新報】

こいのぼりと桜競演 横手・梨木公園、70匹悠々

こいのぼりと桜競演 横手・梨木公園、70匹悠々

  秋田県横手市十文字町の梨木公園に、こいのぼり約70匹がお目見えし満開の桜と競演、訪れた人の目を楽しませている。5月上旬まで。  市十文字地域局が毎年この時期、市民から提供されたこいのぼりを飾っている。池のほとり沿いに渡した長さ約100メートルのワイヤに、色とりどりで大小さまざまなこいのぼりが、悠々と泳いでいる。…[記事全文]

2017年04月27日【秋田魁新報】

武家屋敷通りのシダレザクラ満開 仙北市、観光客でにぎわう

武家屋敷通りのシダレザクラ満開 仙北市、観光客でにぎわう

  秋田県仙北市角館町の桜が見頃を迎えた。25日は朝から青空が広がり、桜まつり会場の武家屋敷通りと桧木内川堤には大勢の観光客が訪れた。  シダレザクラが満開となった武家屋敷通りはこの日、歩行者天国ではなかったものの観光客であふれかえり、桜をバックに代わる代わる記念撮影する姿が見られた。…[記事全文]

2017年04月25日【秋田魁新報】

千秋公園の桜まつり開幕 秋田市、30日まで

千秋公園の桜まつり開幕 秋田市、30日まで

  750本余りの桜が植えられている秋田市の千秋公園で19日、桜まつりが始まった。大半のソメイヨシノはこの日に開花し、一分咲きの状態。24日前後には満開を迎える見込み。…[記事全文]

2017年04月19日【秋田魁新報】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶