47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

万福寺「土肥桜」鮮やかなピンク 一部で満開 伊豆

万福寺「土肥桜」鮮やかなピンク 一部で満開 伊豆

  早咲きで知られる伊豆市土肥地区の「土肥桜」が、一部で満開となった。市観光協会土肥支部によると、例年より2週間以上早く、見頃は2月上旬まで続く見込み。  同地区内の万福寺では樹齢約50年の大木に鮮やかなピンク色の花が咲きそろい、見物客の目を楽しませている。同支部によると、16日時点でほかに松原公園や恋人岬で五分咲き、丸山スポーツ公園や土肥金山で三分咲きとなっている。  土肥桜は開花期間の長さや花びらの大きさなどが特徴で、地区内各所に約400本植えられている。同支部は28~30日に「土肥桜まつり」…[記事全文]

2017年01月17日 【静岡新聞】

【写真特集】ペダル押す南国の潮風 美ら島オキナワセンチュリーラン2017

【写真特集】ペダル押す南国の潮風 美ら島オキナワセンチュリーラン2017

  沖縄本島中北部を舞台に15日開かれた「美ら島オキナワセンチュリーラン2017」。国内外から参加したサイクリストは、ほころび始めたヒカンザクラや青い海を眺めながら楽しくペダルをこいだ。大会の様子を写真で紹介する。(写真部・金城健太)…[記事全文]

2017年01月16日 【沖縄タイムス】

「あたみ桜」いよいよ満開 糸川遊歩道

「あたみ桜」いよいよ満開 糸川遊歩道

   熱海市内各所で、早咲き品種「あたみ桜」の開花が例年より2週間ほど早く進んでいる。58本が植栽された糸川遊歩道では10日までに全て開花し、32本が見頃を迎えた。近年まれにみる開花速度だった2016年を上回る勢い。糸川桜まつりの開幕日(21日)に予定していた遊歩道のライトアップ開始を、11日からに前倒しした。  糸川沿いでは五分咲き状態が22本、三分咲きが4本ある。その他に海浜公園、渚デッキ、渚小公園、熱海梅園内などでも複数の木が見頃を迎えた。早ければ今週末から来週にかけ、市内全体…[記事全文]

2017年01月12日 【静岡新聞】

冬空に桜見ごろ 珠洲・三崎公民館

冬空に桜見ごろ 珠洲・三崎公民館

  珠洲市三崎公民館の敷地で、十月桜の花が樹木全体に咲き、住民を楽しませている。  同公民館主事の脇田恵美子さんによると、桜は年末に咲き始め、6本のうち2本が見ごろを迎えた。毎年この時期に花を咲かせ、冬の風物詩となっている。  県林業試験場によると、十月桜は秋から春に花を咲かせる。暖冬の影響で春に咲く花の一部が、早く開花したと見られる。桜はつぼみも残り、強風がなければ20日ごろまで花を楽しめる。…[記事全文]

2017年01月11日 【北國新聞】

室蘭で28、29日にわしべつ川沿い桜まつり

室蘭で28、29日にわしべつ川沿い桜まつり

  第16回わしべつ川沿い桜まつりが28、29の両日、室蘭市高砂町の高砂3丁目公園で行われる。今年もダンスやカラオケ、ビンゴ大会など各種企画がめじろ押し。露店も40店並び春の祭典を盛り上げる。  28日は午前11時から開会式を行い、バンド演奏やジャズダンス、よさこいソーランなどが相次いで行われる。午後4時20分からは全国放送のテレビ番組で歌声を披露した竹野留里さん(室蘭栄高校2年)のステージも設けられる。前段には町会対抗カラオケ大会も行われ、のど自慢が集結する。  29日も午前11時から。午後…[記事全文]

2016年05月26日 【室蘭民報】

“日本一遅い”桜まつり熱気 釧路町、気温上昇しにぎわう

“日本一遅い”桜まつり熱気 釧路町、気温上昇しにぎわう

  【釧路町】釧路、根室管内は21日、暖気が上空に入り、前日に続き夏を思わせる陽気となった。「日本で一番遅い桜まつり」と銘打った第35回釧路町桜まつり(実行委主催)が開かれている別保メモリアルパークでは、ソフトクリームやかき氷に手を伸ばす人の姿が目立った。  釧路地方気象台によると、釧路市と白糠町、阿寒湖畔を除く計17地点で今年最高気温を記録。中標津空港は31・7度で5月の観測史上最も高く、川湯は31・1度、阿寒町中徹別30・3度。釧路市は17・5度で、7月上旬並みだった。  まつり会場のサク…[記事全文]

2016年05月22日 【北海道新聞】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶