47NEWS >  47トピックス >  てくてく桜

てくてく桜特集

47NEWSが桜の風景を綴った。沖縄から北海道までの桜前線を追う。厳選した、春の光景が広がる。

室蘭で28、29日にわしべつ川沿い桜まつり

室蘭で28、29日にわしべつ川沿い桜まつり

  第16回わしべつ川沿い桜まつりが28、29の両日、室蘭市高砂町の高砂3丁目公園で行われる。今年もダンスやカラオケ、ビンゴ大会など各種企画がめじろ押し。露店も40店並び春の祭典を盛り上げる。  28日は午前11時から開会式を行い、バンド演奏やジャズダンス、よさこいソーランなどが相次いで行われる。午後4時20分からは全国放送のテレビ番組で歌声を披露した竹野留里さん(室蘭栄高校2年)のステージも設けられる。前段には町会対抗カラオケ大会も行われ、のど自慢が集結する。  29日も午前11時から。午後…[記事全文]

2016年05月26日 【室蘭民報】

“日本一遅い”桜まつり熱気 釧路町、気温上昇しにぎわう

“日本一遅い”桜まつり熱気 釧路町、気温上昇しにぎわう

  【釧路町】釧路、根室管内は21日、暖気が上空に入り、前日に続き夏を思わせる陽気となった。「日本で一番遅い桜まつり」と銘打った第35回釧路町桜まつり(実行委主催)が開かれている別保メモリアルパークでは、ソフトクリームやかき氷に手を伸ばす人の姿が目立った。  釧路地方気象台によると、釧路市と白糠町、阿寒湖畔を除く計17地点で今年最高気温を記録。中標津空港は31・7度で5月の観測史上最も高く、川湯は31・1度、阿寒町中徹別30・3度。釧路市は17・5度で、7月上旬並みだった。  まつり会場のサク…[記事全文]

2016年05月22日 【北海道新聞】

二見桜並木を限定公開 網走刑務所 見ごろに合わせ

二見桜並木を限定公開 網走刑務所 見ごろに合わせ

  【網走】網走刑務所の二見ケ岡農場内にあるエゾヤマザクラの並木が15日、特別に一般公開された。大型連休中に行われた毎年恒例の公開時には開花が間に合わなかったため、刑務所が桜の見ごろに合わせ同日限定で公開を許可した。並木は開拓時代の古道沿いに並び、訪れた人々はまちの歴史に思いをはせながら満開の桜を楽しんでいた。  「二見桜並木」と呼ばれる桜は、明治期に囚人を労働力として網走―旭川間に開削された旧「中央道路」沿いの一部に植えられている。最盛期には2千本余りがあったとされるが、近年は老木化して著しく…[記事全文]

2016年05月17日 【北海道新聞】

伊達・大滝小横の寄り添う「菊子桜」満開に

伊達・大滝小横の寄り添う「菊子桜」満開に

  伊達市大滝区優徳の大滝小学校横にある「菊子桜」が満開を迎えた。樹齢140年といわれる2本のエゾヤマザクラ。サクラをこよなく愛した所有者・橋本誠一さん(80)の母にちなんで名付けられた。  橋本さんによると、例年より10日ほど遅い15日に満開となった。色合いが微妙に異なるサクラが、まるで夫婦のように寄り添い、花を咲かせている。  橋本さんは「母が大事に育てたのを思い出し気持ちが和みます。大勢の人に見てもらえるとサクラも寂しくなくて喜ぶと思います」と花見客を歓迎している。  大滝区ではほかに…[記事全文]

2016年05月17日 【室蘭民報】

桜とアワビ 春堪能 熊石でフェス

桜とアワビ 春堪能 熊石でフェス

  【八雲】第22回熊石あわびの里フェスティバル(実行委主催)が15日、町内熊石平町のキャンプ場「熊石青少年旅行村」で開かれた。近隣や函館などから約2万人が訪れ、青空と満開の八重桜の下、地場産アワビ2万個を堪能した。  熊石の養殖アワビをPRする食のイベント。会場には炭火の焼き台が用意され、早朝からアワビやエゾバカ貝(アオヤギ)、ジンギスカンなどを焼く香りが立ちこめた。  町内宮園町から家族4人で訪れた八雲小2年の畠山奈那(なな)さん(7)は、妹の結惟さん(3)と並んで焼き上がった貝を口に運び…[記事全文]

2016年05月17日 【北海道新聞】

一本桜、悠々 葛巻・放牧地に「春」

一本桜、悠々 葛巻・放牧地に「春」

  葛巻町の上外川(かみそでがわ)高原で、標高約千メートルの放牧地にある一本桜が見頃を迎えている。15日は青空が広がる五月晴れとなり、ひっそりと咲き誇る桃色の花が涼しい風にそよぎ、緑広がる牧場に彩りを添えている。  一本桜が立つのは、上外川高原の風力発電施設の約3キロ北側にある人里離れた放牧地。15日は見渡す限りの青空の下、遠く西側には岩手山や八幡平の尾根、姫神山などの山々がさえぎるものなく一望できた。  放牧地を管理する上外川放牧組合長の外地幸助さん(80)によると、一本桜は自生しているヤマ…[記事全文]

2016年05月16日 【岩手日報】



新聞社桜特集リンク
桜の記憶