47NEWS > 47トピックス > 笑い 命さざめく
笑い 命さざめく

過去記事

2012年9月、ロンドン・パラリンピックの馬術で優勝し、地元ファンの大声援に応えるソフィー・クリスチャンセン(ゲッティ=共同)

【第22回 英国】人馬一体、癒やしの力

 脳性まひで重度の身体障害があった少女は乗馬と出合い、生きる力を得た。ソフィー・クリスチャンセン(29)は6歳で「心と体の治療」を目的とする ... [続きを読む]

工房でティンガティンガの娘マルティナらと集う長老格アブダル・アモンデ・ムクーラ(中央右)。互いの技を盗みながら笑いの中で作業を進める=ダルエスサラーム(撮影・中野智明 共同)

【第21回 タンザニア】ヘタウマで世界魅了 おかしく不思議な動物たち 

 ダチョウが首をぐいとねじ曲げ、人間のように足を踏みしめている。ヒョウやカモシカが、歩みを止めて、じっとこちらを見ている。どの絵も動物の不思 ... [続きを読む]

路上にたたずみ、行き交う人々を見つめる映画監督のペンエーグ・ラタナルアン=バンコク(撮影・大里直也、共同)

【第20回(タイ)】「赤」でも「黄」でもなく  軍政下、消えたにぎわい

  「ほほ笑みの国」タイでは、人々がいつも柔らかな表情を浮かべていた。だが10年以上に及ぶ激しい政治対立の中で、家族や友人同士が「赤」と「黄 ... [続きを読む]

お笑い番組「ビビール・デル・クエント」に出演し、共演者と握手するオバマ米大統領(キューバ国営テレビ提供)

【第19回(キューバ)】社会主義の暮らし風刺  人気番組に米大統領も

 古ぼけた家で3人の男がテーブルを囲み、ドミノゲームに興じている。そこにドアをノックする音。現れた客人を見て「あれっ。オバマにそっくり」。「 ... [続きを読む]

伝統舞踊ショーのクライマックスに登場する白衣のアプサラ。厳しい練習の末に踊ることを許される=カンボジア・シエムレアプ(撮影・大森裕太、共同)

【第18回(カンボジア)】白衣の天女は死なず クメールの心、次世代へ 

 メコン川を行く小さな舟から、プノンペンの住み慣れた王宮を目にした瞬間、トン・サバンの目は涙で曇った。前庭にはバナナが植えられ、周囲を黒服の ... [続きを読む]

ブラザビルで、サプール仲間と集うパッシャンス・ムタラ(中央左)。後方のコンゴ川の対岸は隣国、コンゴ民主共和国の首都キンシャサだ(撮影・中野智明、共同)

【第17回(コンゴ共和国)】現実から夢の世界へ 「サプール」装う誇り 

  空は真っ青に晴れ渡り、強い日差しがじりじりと照りつける。コンゴ共和国の首都ブラザビル。バコンゴ地区の市場は、晴れれば土ぼこりが舞い、雨が ... [続きを読む]

マニラのライブバーでコントを披露するハポン・スリーの堀越佑樹(中央)ら。フィリピン語の軽妙な掛け合いが観客の笑いを誘う(撮影・村山幸親、共同)

【第16回(フィリピン)】 スラムの空に夢を追う 若手芸人が異国で挑戦 

 路地の奥は迷路のようだった。闘鶏用のニワトリを抱えた上半身裸の男。金だらいで洗濯をする女たち。両側の家のひさしが突き出て暗く、見上げた空は ... [続きを読む]

ロンドンの自宅で熱心に暁斎の魅力を語るイスラエル・ゴールドマン。後ろにあるのは暁斎の代表作「烏瓜に二羽の鴉」(撮影・松井勇樹、共同)

【第15回(英国)】 人間の営み、おおらかに 禁断の絵師・河鍋暁斎 

 象とタヌキが遊び、猫やネズミにコウモリが扇をかざして曲芸をする。達磨(だるま)をいかめしく荘厳に描いたかと思えば、その達磨が着物の裾をから ... [続きを読む]

身ぶり手ぶりでコントを披露するフランク・デリーマ=米ハワイ州ホノルル(撮影・宮澤拓、共同)

【第14回(米国・ハワイ)】 異民族共存の潤滑油 「アロハ」に親愛込めて

 夜のとばりが降りる。米ハワイ州のワイキキ・ビーチに近い屋内施設でショーは始まった。壇上には、現地の人気コメディアン、フランク・デリーマ(6 ... [続きを読む]

悪魔払いの儀式で、呪術師(手前)と軽妙なコントを演じる黒悪魔=スリランカ南部ヒッカドゥワ(撮影・村山幸親、共同)

【第13回(スリランカ)】孤独救う魂の悪魔払い 喜び悲しみ家族の内に 

 「奥さんの血を飲みに来たぞ」「ヤクー(悪魔ら)、人の家を訪ねるときは歯磨きしろよ」  午前2時、漆黒のジャングルで繰り広げられる悪魔払い ... [続きを読む]