日めくり

教育基本法が示す二つのベクトル  前川喜平さんの公教育論

 「公教育はなくていいのか」。前川喜平さんはそう言ってからちょっと間を置いた。問い掛けに対する私の答えを待ったのかもしれない。  公教育は別の何かによって代替可能なのか。それとも子どもたちにとって、…【全文を読む】

ゴールデンシャワー巡るトランプ氏とコミー氏の会話

 「後ろめたい」という言葉がある。時に人は、後ろめたい事実を隠すため、聞かれてもいない、言わずもがなのことを言ってしまうことがある。特に自分に特定の疑惑がかけられ、その疑惑を捜査している捜査官と話さな…【全文を読む】

拉致とバイオリニスト

 ニューヨークにいる世界的なバイオリニストの五嶋龍さんからメールが届いた。  私は音楽の専門記者ではないが、昔、たまたま同じ時期にニューヨークにいたという理由だけでお付き合いをしてもらっている。去年…【全文を読む】

プーチン大統領、「愛国者」のサイバー攻撃の可能性認める

 米国やフランス大統領選へのサイバー攻撃が疑われるロシアだが、そのトップであるプーチン大統領自身がサイバー攻撃がロシア発である可能性を認める発言をしたことが波紋を呼んでいる。ロイター通信などによると、…【全文を読む】

​「公教育はなくていいのか」  前川喜平さんの深い問い

 週刊文春の今週号は、文部科学省の前次官・前川喜平さんの「出会い系バー」通いを実地検証した結果を報じている。詳しくは同誌をお読みいただきたいが、買春疑惑を全否定する内容であり、前川さんの生き方や人間性…【全文を読む】

前川前次官への「コンプロマット」

 学校法人加計学園の獣医学部新設計画に関する記録文書を巡り、文書の存在を「本物」と証言した前川喜平前文部科学事務次官が、「出会い系バー」に「調査」名目で行ったと報じられた。前川氏もこれを認め、菅義偉官…【全文を読む】

公教育からのエクソダス 前川喜平さんの危機感

 神戸支局でのデスク生活を終えて東京に戻った私は2000年秋、当時、文部省の教職員課長だった前川喜平さんと2年半ぶりに再会した。気さくで開けっぴろげな対応は変わっていなかった。課には部下がたくさんいた…【全文を読む】

2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12