47NEWS >  日めくり >  01月05日の日めくり
日めくり

三浦棋士は「灰色無罪」なのか 将棋ソフト不正使用疑惑

こども将棋大会の開会式であいさつする三浦弘行九段=1月3日、群馬県高崎市 こども将棋大会の開会式であいさつする三浦弘行九段=1月3日、群馬県高崎市

 記者になって北陸の支局に配属され、最初の担当は事件・事故だった。いわゆる「サツ回り」である。そのころ、死刑が確定した人が再審で無罪となったというニュースが流れ「ひどい事件だなあ」と同期の記者と話していると、長く警察を担当してきた他社の先輩記者に言われた。「死刑といっても2種類あるんだぞ。これはどっちか、よく考えてみろ」

 将棋の三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを使ったと疑いをかけられた問題は、第三者調査委員会によって「証拠がない」と判断された。その報道に接して、あの先輩の言葉を思い出した。無罪だとすれば、これはどんな類型に属するのか。

 ▽一審は「灰色有罪」

 ここであえて「無罪」という言葉を使うのは、事態が刑事裁判類似の構造を持つからだ。疑惑を指摘した棋士らは検察官、三浦九段を2カ月間の出場停止処分とした日本将棋連盟は一審の裁判所とみることができる。一審の判断は「灰色有罪」だった。そんな言葉はないが、そうとしか言いようがない。

 控訴審に当たる第三者委は無罪。刑事訴訟法336条は無罪について次のように規定する。「被告事件が罪とならないとき、または被告事件について犯罪の証明がないときは、判決で無罪の言渡をしなければならない」

 無罪には二つの類型があることが分かる。①事件が罪とならないとき。例えば、外形的に犯罪に該当しても、正当防衛が認められたり、いいことと悪いことの区別が付かない状態だったりした場合だ。法的にいえば、違法性や責任が否定される。②犯罪の証明がないとき。だが、冒頭で書いた先輩記者が言ったのは、この2類型のことではなかった。

 ②のケースはさらに二つのカテゴリーに分けることができる。一つは、アリバイが証明されたり、真犯人がいることが分かったりして、完全にシロと判明したケース。もう一つは、疑惑は残るが、その犯罪を行ったと証明することができなかった場合だ。先輩記者は面食らっている私たち新米記者に「その死刑再審事件は完全無罪じゃない。無実が証明されたように騒ぐのはおかしい」と言葉を続けた。無罪だが、潔白ではないと言いたかったのだ。

 しかし、法は両者を区別せず、どちらも同じ無罪として扱う。疑わしきは罰せず。「犯罪者の可能性がある人」というカテゴリーをつくって、私刑を加えたり差別したりすることは許されない。ところが現実には、疑いの目を持ち続ける人が多くいる。これをまず、前提として押さえたい。

 ▽疑惑自体がなかった

 三浦九段の問題で新聞やテレビは第三者委の報告をどう報じたか。ネット上の記事を見ると「不正認める証拠なし」「不正の証拠なし」「不正の証拠ないが処分は妥当」といった見出しが並ぶ。見出しだけを読む人は、証拠が足りなかっただけで疑惑は払拭されていないという印象を持つかもしれない。そして、心の中にある「灰色無罪」のカテゴリーに三浦九段を入れてしまうかもしれない。第三者委が公表した報告書概要は結論で「指摘された点はいずれも実質的な証拠価値に乏しい」「不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」と述べる。メディアの報道はこれに依拠したものであり、その限りでは妥当だ。

 だが「実質的な証拠価値に乏しい」とはどういうことか。概要をさらに読み込んでいくと次のような事実が分かる。①対局中の映像を分析した結果、根拠の一つとされた約30分間の離席はなかった②提出させたスマートフォンやパソコンからは不正行為の痕跡が見つからなかった③ソフトとの一致率は一定ではなく、計測するたびにばらつきが出るうえ、他の棋士でも同程度の一致率が数多くあって、不正の根拠にならない④「自力で指したとは考えづらい」と指摘された指し手についてプロ棋士に見解を聴取、多くの棋士が「不自然ではない」と答えた。

 証拠とされたことが全面否定されている。①の「離席」は事実自体がなかった。③の「一致率」は無意味だった。疑惑の根拠は、それ自体が不存在だったといえる。棋士生命が脅かされ、人間性さえも否定されかけた三浦九段は潔白であり、疑惑はぬれぎぬであった。だとすれば、第三者委もメディアも結語として、名誉回復の意味もこめ「証拠なし」ではなく「潔白」「冤罪(えんざい)」か、せめて「疑惑なし」とするべきだった。そう表現してみれば、第三者委が出場停止処分を「妥当」としたことの不当性も、将棋連盟の救済措置の不十分さも、明らかだろう。

 (47NEWS編集部、共同通信編集委員 佐々木央)