47NEWS > 47トピックス > 扉を開けて ルポ ひきこもり

扉を開けて ルポ ひきこもり

悪質業者を告発する緊急会見に参加した木村ナオヒロ。昨年11月に「ひきこもり新聞」を創刊した。

第2部「救世主」(8)「消えた存在」ではない 均一性求める社会に発信

 「家庭教育やフリースクールを認めている国があるのに、日本では学校に行かないと異常視される。世界的に見ても、こんな国は珍しいのではないか」。 ... [続きを読む]

過去記事

「全国回復センター」がハローワークに出していた求人票。障害者を雇用すれば国から補助金が出る「障害者トライアル雇用」と書かれている。

第2部「救世主」(7)3カ月で550万円 「自立」信じ高額契約

 「全国回復センター」(東京)で働くうちに疑念を抱くようになった角田正和(すみだ・まさかず)(40)は、ある日、寮に入所していた男性の脱走を ... [続きを読む]

「全国回復センター」のホームページ。ひきこもり支援をうたい、全国の親から相談が寄せられている。

第2部「救世主」(6)私物取り上げ軟禁 相次ぐ逃走、常時監視へ

 角田正和(すみだ・まさかず)(40)が勤務していた「寮」は、埼玉県内の静かな住宅街にある。何の変哲もない古い民家。周囲には小学校もあり、農 ... [続きを読む]

角田正和が働いていた「全国回復センター」の施設。ひきこもりの人が集団生活をし、郵便受けは粘着テープで目張りされている。

第2部「救世主」(5)「救いたいなんてうそ」 勤務初日に拘束術

 角田正和(すみだ・まさかず)(40)は、ひきこもりの人の自立支援をうたう業者が運営する施設で、約半年間働いた経験を持つ。「『救いたい』なん ... [続きを読む]

この連載へのご意見、ご感想を共同通信ひきこもり取材班までお寄せください。ファクスは03(6252)8745、電子メールはkurashi@kyodonews.jpです。