47NEWS >  47トピックス >  社会

47トピックス

【琉球新報 社説】嘉手納爆音控訴審 飛行差し止めで救済を

【琉球新報】<社説>
■嘉手納基地周辺は基本的人権、生存権が侵害されている


 被害放置の実態を救済することこそ司法の役割である。

 第3次嘉手納爆音訴訟控訴審の第1回口頭弁論が7日、福岡高裁那覇支部で開かれた。米軍嘉手納基地の周辺住民2万2048人が国を相手に夜間・早朝の米軍機飛行差し止めなどを求めている。
 国側の主張は耳を疑う。「最近の(嘉手納基地周辺の)騒音は軽減している」と言うのだ。…………(2017年11月9日)<記事全文>

2017/11/09 10:58

ロード中 関連記事を取得中...