47NEWS >  47トピックス >  社会

47トピックス

【福井新聞 論説】SNSに潜む危険な世界

【福井新聞】<論説>
■コミュニケーション力を失いつつある現代社会をどう丁寧に再構築していくか
 【論説】残忍な猟奇的事件は何件も発生している。だが、犯罪史上これほど凄惨(せいさん)な凶悪事件があっただろうか。神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった。共通するのはツイッターに書き込んだ「自殺願望」の若い女性を狙ったことである。女子高生も被害に遭ったとみられ、まさに病める現代社会を象徴する。孤独な闇の世界から若者たちをどう救い出すのか。実社会のセーフティーネットを機能させたい。

 事件の全貌は明らかになっていないが、死体遺棄容疑で逮捕された27歳の無職男の犯行は計画的だ。短文投稿サイトのツイッターで「首吊り士」など複数のアカウントを駆使。「死にたい」などと自殺願望をほのめかす人を狙い、「一緒に死にますか」などと言葉巧みに誘い出し自宅に連れ込んだと供述している。

 容疑者は8月下旬に事件を起こしたアパートに引っ越してきた。約2カ月という短期間に9人の殺害を繰り返したとすれば、週に1人のペースで命を奪ったことになる。アパートも殺人目的で借りたのだろう。

 調べでは「本当に死にたい人はいなかった」「殺すのが目的だった」さらに「乱暴目的、金を奪う狙いもあった」としている。…………(2017年11月8日)<記事全文>

2017/11/08 12:02

ロード中 関連記事を取得中...