47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【琉球新報 社説】日米首脳会談 平和的解決で非核化を

【琉球新報】<社説>
■基地を押し付けながら、沖縄の民意が日米同盟に悪影響を与えているという脅しは通用しない


 安倍晋三首相と初来日したトランプ大統領が会談し、北朝鮮の核・ミサイル開発政策を変更させるため「圧力を最大限にまで高めていく」ことで一致した。
 首相は米国の軍事行動を含む「全ての選択肢がテーブルの上にある」というトランプ氏の立場を一貫して支持した。しかし、軍事的選択は決して認められない。北朝鮮の軍事行動を誘発し、衝突が起きれば甚大な被害を受けるのは日本と韓国であり、とりわけ米軍基地が集中する沖縄の危険度は一層高まる。
 先月韓国入りしたマティス米国防長官は「米国の目標は戦争ではなく、完全かつ検証可能で不可逆的な朝鮮半島の非核化だ」と平和的解決を目指す考えを示している。
 あくまで平和的解決に向けて日米韓、中国など関係国が外交的手段によって平和的解決を目指すべきだ。日米首脳の共同会見で「中国がさらに大きな役割を果たすことが重要」という認識で一致している。韓国、中国など今後のトランプ氏のアジア歴訪に注目する。…………(2017年11月8日)<記事全文>

2017/11/08 10:11

ロード中 関連記事を取得中...