47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【神戸新聞のコラム】 なぜだ、神鋼

【神戸新聞】<正平調>
■半年はかかるといわれた復旧工事を2カ月半で成し遂げた伝説は名高い


 阪神・淡路大震災の後、被害の大きかった西宮で若い市職員の会話を聞いたことがある。上司の話だった。「地震があってすぐ、橋を見に行ったって」◆その上司は公共事業を受け持つ部署にいたらしい。自身が建設に携わった橋が激しい揺れに耐えられたか。まさか落ちはしなかったか。心配になって居ても立ってもいられなかった…。たしか、そんな話だった◆まちの被害を把握する行政マンの使命。もろちんそれもあっただろうが、むしろ技術屋としての本能に近かったと思う。橋に限るまい。ものづくり現場のプライドを呼び覚ましたのが、あの震災ではなかったか◆ここもその一つだろう………(2017年11月3日)<記事全文> 

2017/11/03 15:32

ロード中 関連記事を取得中...