47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【新潟日報 社説】柏崎刈羽原発 「合格」で安心はできない

【新潟日報】<社説>
■検証作業の経過を含め、その行方を注視していかなければならない

 原子力規制委員会は、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機再稼働の前提となる審査結果をまとめた審査書案を了承した。

 重大事故対策などが、東電福島第1原発事故を踏まえてつくられた新規制基準に適合しているとの判断を示したものだ。事実上の審査合格を意味する。

 東電は福島第1原発事故の当事者であり、柏崎刈羽原発は福島第1と同じ沸騰水型炉である。「合格」は、東電の原発としても沸騰水型炉としても初となる。

 今回の判断は、原発の再稼働を目指す東電にとっては節目であるに違いない。

 だが、これまでの審査の流れを踏まえれば、安全や安心を担保する裏付けになると受け止めるわけにはいかない。…………(2017年10月5日)<記事全文>

2017/10/05 10:23

ロード中 関連記事を取得中...