47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【東奥日報 社説】日中国交正常化45周年

【東奥日報】<社説>
■問題点整理し関係修復を

 1972年9月の日中国交正常化から先月29日で45年を迎えた。国交正常化後、経済や文化、人的なつながりの面で両国関係は著しく深まったが、近年、尖閣諸島や南シナ海問題などを巡る対立で政治関係は冷え込んだ。

 日中間の相互不信の連鎖により、両国民の感情は悪化し、寒々とした空気が流れる。これ以上対立が長引けば、経済や民間交流にも深刻な打撃を与えかねない。

 中国の歴史的な台頭により、日中関係は転換期にある。ここで問題点を冷静に整理し、立て直す必要がある。日中首脳は「善隣友好」を誓った国交正常化時の初心に立ち返り、関係修復に本腰を入れるべきだ。…………(2017年10月4日)<記事全文>

2017/10/04 12:02

ロード中 関連記事を取得中...