47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【下野新聞 コラム】<雷鳴抄>

【下野新聞】<雷鳴抄>■転落の軌跡は


 本のベストセラーに、児童書が名を連ねた。「ざんねんないきもの事典」とその続編だ。8月のランキングで1、2位を独占。版元の高橋書店によると累計で100万部を突破した▼進化を経て生き延びた動物の特徴を、カラーのイラスト付きで紹介している。「サイの角は、ただのいぼ」「イルカは眠るとおぼれる」「カメムシは、自分のにおいがくさすぎて気絶する」…▼思わず「へえー」と引きつける見出し。サイの解説文には「ありがたがっても、そのへんのおじさんの爪をせんじて飲むのと大差ありません」とある。漢方薬や工芸品の材料で重宝される角。人間の強欲を皮肉り、乱獲にも警鐘を鳴らしている▼担当編集者は「『いきもの』という不動の人気を持つテーマと『ざんねん』という新しい切り口がヒットの要因だと思います」と話す。生命の始まりは約40億年前に生まれた「細胞」。地球の環境に対応し、進化してきた▼生き物は人間にまねできない特殊な能力を発揮する。一方で「ざんねん」というマイナス要素も持つ。それが逆に魅力で親近感を覚えるのかもしれない………(2017年10月3日)<記事全文>

2017/10/03 10:31

ロード中 関連記事を取得中...