47NEWS >  47トピックス >  文化芸術

47トピックス

【秋田魁新報 社説】文化財保護行政 継承第一に活用策探れ

【秋田魁新報】<社説>
■一時的なパフォーマンスであってはならない


 文化庁は、保護に重点を置いてきた文化財行政に地域振興の視点を加え、文化財の活用を進めることを検討している。市町村が地域にある文化財の「保存・活用基本計画」を策定し、計画に沿って国が支援するのが柱。来年の通常国会に文化財保護法改正案を提出する方針だ。

 文化財に対する市町村の関わりを高めるのは、地方の過疎化や少子高齢化が進んでいることが背景にある。伝統芸能などの無形民俗文化財では後継者不足が課題となっており、地域の文化を確実に継承するため、地域全体で主体的に支える仕組みをつくるのが狙いだ。…………(2017年10月2日)<記事全文>

2017/10/02 12:01

ロード中 関連記事を取得中...