47NEWS >  47トピックス >  国際

47トピックス

【新潟日報 社説】ロヒンギャ迫害で高まる国際的批判

【新潟日報】<社説>
■覚悟問われるスー・チー氏

ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害問題で、国際的な批判が高まっている。

 40万人超のロヒンギャが迫害を避けるため、隣国バングラデシュに逃れ、難民となっているのだ。

 ミャンマーの事実上のトップ、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が手をこまねいてきたこともあり、深刻な人道問題に発展した。「民族浄化の様相」と批判される事態を招いた責任は重い。…………(2017年9月25日)<記事全文>

2017/09/25 10:42

ロード中 関連記事を取得中...