47NEWS >  47トピックス >  医療健康

47トピックス

【信濃毎日新聞のコラム】斜面

【信濃毎日新聞】<斜面>
■魂も癒やす痛み治療


古代ギリシャの哲学者アリストテレスは「痛覚」を「魂の苦悩」と考えたそうだ。伊藤誠二著「痛覚のふしぎ」で知った。人類を苦しめてきた慢性の痛みは近年、脳科学などで仕組みが解明されつつある。それでも原因不明の病は多い

   ◆

線維筋痛症はその代表だろう。全身の筋肉や関節に痛みやこわばりが出る。重症化すれば軽い刺激で激痛が走って「服を着ているのも苦痛」と訴える人もいるという。死に至る病ではないが、不眠になりストレスがたまって痛みが増幅されるからつらい

   ◆

中高年の女性に多く発症する。厚労省研究班は2011年の疫学調査を基に患者数を212万人と推計した。米国でも悩む女性は多い。人気歌手レディー・ガガさんが線維筋痛症に苦しんでいると明かし、記者会見で涙ながらに闘病のつらさを語った。歌手活動も休止するという
………(2017年9月15日)<記事全文>

2017/09/15 12:15

ロード中 関連記事を取得中...