47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【中日新聞 コラム】 これは、一病院の問題ではない

【中日新聞】<中日春秋>
■被災地を国全体で支え続ける覚悟の問題だろう


 ジョン・ササル氏は戦後長らく、英国南西部の貧しい村で地域医療に打ち込んだ医師だ。村に住み、患者一人一人の暮らしぶりまで知った上で、病と向き合った


▼先日、九十歳で逝った英国の作家ジョン・バージャーさんは、ササル医師の姿を活写した名著『果報者ササル』(みすず書房)で、その医療の本質を描いている。<彼がいい医者だと見なされるのは、患者の心の底に秘められた、口に出されることのない、友愛を感じとりたいという期待に応えているからである>


▼しかし、そんな期待に応え、全人格的に患者と向き合い続ければ、医師はとてつもない喪失感とも向き合わねばならない。だからササル医師は、こんな覚悟で日々を送っていたという


▼「死のことを考えさせられるとき-それは毎日のことだが-わたしはいつも自分の死のことを考える。そうすると、もっと懸命に働こうという気になるんだ」………(2017年1月11日)<記事全文>

2017/01/11 13:47

ロード中 関連記事を取得中...