47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【京都新聞 コラム】 ネットと被災地救援

【京都新聞】<凡語>
■社会を変えるのも人を救うのも人だ

 地震や火災などが起こるたび、被災者の苦しみに心が痛む。しかし、救援の働きかけも必ずある。最近ではインターネットの会員制交流サイト(SNS)などが被災地とつながる力になっている▼昨年4月の熊本地震では、地震で崩れた自宅に閉じ込められた熊本県益城町の家族が無料通信アプリ「LINE」で助けを求め、駆け付けた知人や消防団員に助け出されたと話題になった▼ツイッターには「動物園のライオンが逃げた」とデマの「つぶやき」も流れたが、熊本市の大西一史市長がツイッターで即座に否定し、だまされる人は少なかった。混乱を避ける知恵もあった▼被災自治体も、避難所の職員と対策本部の情報共有にSNSを活用し、避難者への対応に注力できたという。賢い利用が広がっている………(2017年1月10日)<記事全文>

2017/01/10 11:13

ロード中 関連記事を取得中...