47NEWS >  47トピックス >  政治

47トピックス

【オスプレイ空中給油】訓練再開は言語道断 危険の押し付け許されぬ

【琉球新報】<社説>
■県民の安全を第一に考えるべきだ


 米軍も防衛省も安全を保証してはいない。県民の安全を一顧だにしない決定であり、言語道断だ。

 防衛省はオスプレイが6日から空中給油訓練を再開すると発表した。「安全に空中給油を実施する準備が整ったものであると考えられる」との容認理由は到底受け入れられない。
 米側の事故調査は終わっていない。にもかかわらず、危険な訓練を再開するのである。
 これ以上、県民が日米同盟の犠牲になるのはごめんだ。空中給油訓練だけでなく、専門家が欠陥機と指摘するオスプレイ自体を撤去すべきだ。

 「安全」なき容認だ

 米軍普天間飛行場所属のオスプレイは昨年12月13日、夜間の空中給油訓練中にプロペラが給油ホースに接触して損壊、名護市安部の浅瀬に墜落し大破した。
 防衛省によると、米側は人的要因と乱気流などの環境要因に、夜間の空中給油の複雑さが重なり、ホースとプロペラが接触した可能性があると説明している。
 人的要因、環境要因、それと空中給油の難しさが重なった末の墜落である。その一つ一つの危険要因を、墜落から1カ月もたたずに除去することは不可能だろう。
 米側が実施した対策は、抜本的対策には程遠い。オスプレイの全搭乗員に対して、天候や飛行条件を事故発生時と同じに設定し、空中給油の手順を確認し、陸上でのシミュレーションなどを完了したとする。だが、その具体的な成果については言及がない。
 「平時および緊急時において搭乗員の安全と効率性を最大化することを確認」「詳細な教育が行われた」などと自画自賛に終始している。安全が担保されたとはとても認められない。
………(2017年1月6日)<記事全文>

2017/01/06 11:26

ロード中 関連記事を取得中...