47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【山形新聞 コラム】 箱根駅伝が熱く展開されている

【山形新聞】<談話室>
■昔から呼び習わしてきた名称

 ▼▽正月恒例の箱根駅伝が熱く展開されている。「駅伝」は日本発祥の長距離レースで初めて行われたのは100年前の1917(大正6)年のこと。駅伝の名称は、古代からの駅制・伝馬(てんま)制にヒントを得ての命名という。

▼▽昔から呼び習わしてきた名称。「体育」もその一つ。だが少しずつ「スポーツ」に名を変えるものが増えていきそうだ。日本体育協会は日本スポーツ協会へ変更を検討中という。学校体育の枠を超えて広がるスポーツ。国民体育大会(国体)も将来的には変更の構想がある。

▼▽漢字と片仮名。スポーツでは片仮名定着が進んでいる。昨年の文化庁の国語に関する世論調査でもうかがえる。漢字と片仮名の主にどちらを使うか尋ねたところ、「運動選手」(33%)より「アスリート」(46%)、「雪辱」(21%)より「リベンジ」(61%)が多かった。

▼▽体育からスポーツへ―。それも時代の流れか。………(2017年1月3日)<記事全文>

2017/01/03 10:19

ロード中 関連記事を取得中...