47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【福島民報のコラム】 64年分の愛

【福島民報】<あぶくま抄>
■「ありがとう」すら言わなかった夫が寄せた手紙


 会津若松市の郊外を毎日欠かさず散歩する老婦人がいる。間もなく95歳。自宅前の柿の木を見上げ、道に落ちた小枝を拾っては、手押し車に載せる。実が残りわずかとなった姿に自らの人生を重ねているのか。「でも、私は幸せ者」。大切にしている1枚の手紙がある。
 <昭和22年に嫁いで来て3人の子供に恵まれ、いつの間にか64年がたちました。その間苦労を乗り越えて今日まで頑張ってきたこと本当に感心する>。6年前の誕生日に、それまで「ありがとう」すら言わなかった夫が寄せた。
 文面は続く。病気の看病、一緒に汗を流した山林の手入れなどを振り返る………(2016年12月31日)<記事全文>

2016/12/31 15:46

ロード中 関連記事を取得中...