47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【神戸新聞 社説】 NHK新会長 信頼回復に全力を尽くせ

【神戸新聞】<社説>
■組織の立て直しを図ってもらいたい


 NHKの次期会長に元三菱商事副社長の上田良一氏が選ばれた。来年1月に任期満了を迎える現会長の籾井勝人(もみいかつと)氏は1期限りで退任となる。

 籾井氏は不適切な言動が問題視され、国会でNHK予算が3年連続で全会一致の承認を得られないなど、混乱を招いた。上田氏は公共放送のトップとして信頼回復に全力を挙げてほしい。

 籾井氏は2014年1月の就任会見で政治的中立性に欠ける発言を繰り返した。「政府が右と言うことを左と言うわけにいかない」と述べ、特定秘密保護法や慰安婦問題でも物議を醸した。ほかにも私的なゴルフで使ったハイヤー代の請求、理事全員に辞表を書かせて預かる強引な手法など、資質に疑問符がついた。

 上田氏はこれまで経営委員として会長ら執行部をチェックする立場だった。異例の選出に対し、「行司が相撲を取る側になる」との声もある。「安定」優先の選出とされるが、リーダーシップを発揮し、組織の立て直しを図ってもらいたい。

 政権、与党によるメディアへのけん制の動きが近年目立つ。15年4月にはやらせが指摘されたNHKと、出演者が官邸批判をした民放の幹部を自民党が事情聴取した。………(2016年12月9日)<記事全文>

2016/12/09 11:39

ロード中 関連記事を取得中...