47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【琉球新報 社説】 続く戦争精神疾患 それでも危険にさらすのか

【琉球新報】<社説>
■軍人に限ったことではない


 戦争の影響で精神疾患になり、国の費用負担で療養を続けたまま亡くなった旧日本軍関係者らが、政府統計が残る約50年で999人に上ることが分かった。その7割近い682人は入院したまま最期を迎えている。

 1964年以前の統計はなく、戦争で心の傷(トラウマ)が生涯残った人は千人をはるかに上回ることは容易に想像がつく。
 戦争を生き抜いたとしても、多くの軍人らが精神を患い、長期にわたって療養を強いられた。戦争は苦しみと不幸しかもたらさないということだ。
 治療の中心的役割を担った国府台陸軍病院(千葉県)の医療記録を分析している細渕富夫埼玉大教授によると、精神疾患の要因は戦闘への恐怖、軍隊生活で受けた制裁、加害行為への罪悪感などが多いという。
 記録には「部隊長の命令で住民を7人殺した。その後恐ろしい夢を見る。(中略)幼児も一緒に殺し、余計嫌な気がした」などの生々しい記述が並ぶという。
 訓練を受けた軍人でさえ心的外傷後ストレス障害(PTSD)などを発症するのである。戦争がいかに非人間的なものかを物語る。
 だがそれは軍人に限ったことではない。沖縄戦トラウマ研究会が2012年4月から13年2月に実施した調査では、沖縄戦体験者の約4割がPTSDを発症しているか、発症する可能性が高い深刻な心の傷を抱えていた。
 米軍の04年の研究論文によると、PTSDの症状がある兵士の割合は、イラクから帰還した陸軍部隊で派遣前の5・0%から12・9%に増加した。………(2016年11月8日)<記事全文>

2016/11/08 18:04

ロード中 関連記事を取得中...