47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【神戸新聞 社説】 平尾誠二氏死去 ラグビーを地域を愛した

【神戸新聞】<社説>
■53歳、あまりに早すぎる 


 長年、日本ラグビーを牽引(けんいん)してきた神戸製鋼の平尾誠二氏の訃報が届いた。53歳、あまりに早すぎる。

 豊かな経験と発想には誰もが一目置いた。ラグビーのワールドカップ(W杯)と東京五輪・パラリンピックに向け、日本で最も必要とされる人物の一人だったといえよう。

 京都・伏見工高で全国大会優勝、同志社大では史上初の全国大学選手権3連覇を達成した。日本選手権で対戦した新日鉄釜石(当時)を率いる松尾雄治さんと同志社大の平尾さんというスター同士のプレーは、今もファンに語り継がれている。

 神戸製鋼所に入社後、チームを日本選手権7連覇に導いた。日本代表の主将と監督、神戸製鋼総監督などの経歴は「ミスターラグビー」の呼称にふさわしい。………(2016年10月21日)<記事全文>

2016/10/21 11:12

ロード中 関連記事を取得中...