47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【中日新聞 社説】 体育の日に考える 改称して「スポーツの日」はどうか

【中日新聞】<社説>
■名称をスポーツの日に 体育の日に考える 
 脱・体育を標榜(ひょうぼう)する声が高まっている。スポーツを文化として日本に根付かせるためにも、「体育の日」は「スポーツの日」と改称してはどうか。

 体育の日とは、一九六四年の東京五輪にちなんでいる。「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨に、同五輪が開会式を行った十月十日を六六年から国民の祝日に制定した。二〇〇〇年からは十月の第二月曜日に定めている。

 ただ「体育の日」という名称が、スポーツのあるべき姿と照らし合わせてふさわしいかといえば疑問がある。

スポーツは文化

 例えば「スポーツを楽しむ」とは言っても、「体育を楽しむ」とはあまり聞いたことがない。同じように「スポーツを見る」はあっても、「体育を見る」という表現はまず使わない。

 これは、もともとスポーツが文化として存在しているからだ。人間の心を満たして豊かにする文化は、自らが創り出すこともあれば、他の人が創ったものを見たり、聴いたり、触れたりして楽しむ側面を持つ。

 人間が一定のルールの下で自らの肉体と精神力を鍛えて技術を磨き、見ている人に感動や生きる力を与える。それがスポーツであり、音楽や絵画と同様に人類の文化として存在している。

 一方、体育という言葉を広辞苑で引くと、次のように書かれている。

 「健全な身体の発達を促し、運動能力や健康で安全な生活を営む能力を育成し、人間性を豊かにすることを目的とする教育」

 体育とは教育であり、「楽しむ」や「見る」とは違う地平にあることが分かる。そのため、これらの言葉と組み合わせると違和感を覚えてしまう。 ………(2016年10月10日)<記事全文>


2016/10/10 10:47

ロード中 関連記事を取得中...