47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【秋田魁新報 コラム】 全国学力テスト

【秋田魁新報】<北斗星>
■学力や教育力を観光資源のごとく地域振興の「売り」とする現状は、学校や先生へのさらなる圧力となりかねない 

 第1回の全国学力テスト(2007年)で本県の成績がトップ級だったことに、「これは困ったなあと思いました」と元教員が振り返る

▼順位を落とせば、なぜ一番でないのかと批判を浴び、誰かが責任を問われかねないからだ。トップに立った者は、その地位を維持せよという有形無形の圧力を受けて苦しむものらしい。レスリングで五輪4連覇を逃した吉田沙保里選手の号泣を見ても分かる

▼小学6年と中学3年を対象とした全国学力テストで、本県は第1回から昨年の第8回まで連続して全国トップ級の成績を維持している。子供たちの頑張りはもちろん、先生たちの努力と研究の成果であり、頭が下がる

▼その一方で、学校がテスト対策に追われている、という声は以前から聞こえていた。秋教組が小中学校の教員にアンケートしたところ、本来の授業時間を削って過去問(かこもん)(過去のテスト問題)に取り組んでいる現実が明らかになった………(2016年8月30日)<記事全文>

2016/08/31 12:06

ロード中 関連記事を取得中...