47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【戦後70年 私たちはどこへ】番外編「語り合う 戦争・平和・民主主義」  戦後70年からの日本

【共同通信】<戦後70年>
■社会が変わるチャンス 日本の未来に危機感 3・11で当事者意識
 戦後70年のことし、日本の安全保障政策は大きく転換し、戦争と平和、民主主義についての議論が高まった。30歳の社会学者・ 古市憲寿 (ふるいち・のりとし) さんと芥川賞作家・ 羽田圭介 (はだ・けいすけ) さん、そして安保法案反対のデモを繰り広げた学生団体SEALDs(シールズ)の大学生メンバー、 栗栖由喜 (くりす・ゆき) さんと 本間信和 (ほんま・のぶかず) さんに社会の課題やこれからの日本について語ってもらった。(2015年12月10日)<記事全文>

2016/02/26 12:05

ロード中 関連記事を取得中...