47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【信濃毎日新聞 コラム】 表現の自由の核心とは何か

【信濃毎日新聞】<斜面>
■自宅マンションのポストに自衛隊員募集のビラが入っていた 


自宅マンションのポストに自衛隊員募集のビラが入っていた。憲法学者の山内敏弘さんは法廷で証言した。自衛隊はこうしたことをしながら一方でイラク派遣反対のビラ配りで被害届を出すのはおかしい、と

   ◆

市民団体の3人が立川市の自衛隊宿舎にビラを配り住居侵入罪に問われた裁判だ。2004年12月の一審判決は憲法が保障する表現の自由に重きを置き無罪を言い渡した。山内証言は先日、信大で開かれたシンポジウムで弁護士の内田雅敏さんが紹介した

   ◆

シンポは昨年1月に亡くなった憲法研究者の奥平康弘さんの主張や活動がテーマ。奥平さんは表現の自由の研究で知られる。裁判でも証言した。ビラ入れを禁じるのは居住者の「情報にアクセスする権利」を奪う、読みたくなければ捨てればよく刑事罰で臨むようなものではない―

   ◆

表現の自由の核心とは何か。奥平さんは内田さんの著書のコラムにこう書いている。既存秩序に挑戦する、トゲのある言説を唱える、異論を述べる、これらの自由である、と。表現の自由を体現する報道機関の一隅にいる身として心に留めたい言葉である………(2016年2月19日)<記事全文>

2016/02/19 11:54

ロード中 関連記事を取得中...