47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【愛媛新聞 コラム】 猫バンバン


【愛媛新聞】<地軸>
■軽くたたいて聞き耳を立て、気配を探る「慎重さ」が必要だ 

冬の寒い夜、猫がぬくもりを求めて車のエンジンルームに入り込む。寒がりの猫にとっては格好の寝床となるが、運転者が気付かずに発車させてしまい、機械に巻き込む事故が起きているから穏やかではない▲
 事故を防ごうと、車に乗る前にボンネットをたたいて衝撃を与え、猫に発車を気付かせる取り組みがある。名付けて「猫バンバン」。昨年、自動車メーカーが呼び掛けると、かわいらしい響きもあってインターネット上で一気に広がった▲
 こちらの刺激策は、裏目に出ているようだ。日銀がデフレ脱却を目的に導入を決めたマイナス金利。投資や消費の背中を押し、円安、株高を促す、との触れ込みだったが、逆に円高、株安が進んでいる▲
 長期金利の指標となる10年国債の利回りは初めてマイナスになった。長期金利は経済成長の予測を反映する「経済の体温計」。低体温は活動を鈍らせる。「皆、先行きが心配で、お金を借りて投資する意欲はないよ」と冷ややかな企業幹部も▲
 景気が上向かないと家庭に眠る「たんす預金」は出て行こうとしない。金利政策の行く末への不安感が、お金をたんすの奥へ、奥へと追いやる▲ ………(2016年2月12日)<記事全文>

2016/02/12 20:25

ロード中 関連記事を取得中...


コメント