47NEWS >  47トピックス >  社会

47トピックス

【沖縄の子どもの貧困】3人に1人 直視せねば

【沖縄タイムス】<社説>
■自己責任論が、貧困を見えにくくし、助けを求めにくくしている 

 29・9%。

 沖縄の子どもの貧困率である。

 先進国の中でも高いとされる日本全体の子どもの貧困率16・3%を、2倍近く上回る極めて厳しい数字だ。

 自ら訴えることの難しい子どもの貧困は見えにくいといわれるが、「給食費を滞納し、電気やガスが止められ、日々の食事にも事欠く」-親子の現実が私たちのすぐ隣にある。

 4月から5カ年計画でスタートする県子どもの貧困対策推進計画に反映させようと、県が実施した子どもの貧困率推計で明らかになった。

 18歳未満のおよそ3人に1人が貧困の中で暮らしているという結果で、ひとり親世帯では58・9%とさらに深刻だった。

 全国一低い県民所得や全国一高い失業率、共働きでも賃金水準の低い非正規雇用の多さ、女性が大黒柱となる母子世帯割合の高さなどが貧困率を押し上げている。

 「給食が唯一の栄養源」といった子どもの貧困を報じる記事に「にわかに信じられない」という反応が少なからずある。 ………(2016年1月30日)<記事全文>

2016/01/30 12:12

ロード中 関連記事を取得中...