47NEWS >  47トピックス >  暮らし話題

47トピックス

路面電車の運転体験もできる「旅いく」が最優秀 15年度の「鉄旅オブザイヤー」

 

 優れた鉄道旅行を表彰する2015年度の「鉄旅オブザイヤー」(鉄旅オブザイヤー実行委員会主催、JR旅客6社、日本民営鉄道協会、日本旅行業協会、日本観光振興協会、全国旅行業協会後援)が1月27日に発表され、鉄道博物館(さいたま市)で授賞式が開かれた。最優秀賞のグランプリに、主に小学生向けに路面電車の運転や、ローカル鉄道の車掌といった職業体験をできるようにした旅行会社国内最大手JTB傘下のJTBコーポレートセールスの「旅いく」と呼ばれる教育的要素を採り入れた旅行商品が選ばれた。


 2位の準グランプリは、ことし3月11日で発生から丸5年を迎える東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所事故で観光業が打撃を受けた福島県を貸し切りのお座敷列車で訪れる日本旅行のツアーが受賞。ほかに審査員特別賞(2商品)と、過去受賞したことがない旅行会社を対象にしたルーキー賞も贈られ、訪問先が北海道から鹿児島県まで南北にまたがり、それぞれ地域色豊かなツアーが栄冠に輝いた。


 今回で5回目となり、対象期間の14年11月~15年10月に催行された17社の計103商品の応募があった。鉄旅オブザイヤー実行委員会による一次審査を通過した18商品を、俳優の関口知宏さんを委員長とし、米国に駐在する共同通信社ニューヨーク支局の大塚圭一郎記者らが務める外部の審査委員が最終選考した。


 グランプリを受けたJTBの「親子・三世代で行く!鉄道体験!~旅の魅力の原点である『鉄道の旅』を楽しもう~」は15年7~9月の夏休み期間を中心に計13のコースを用意し、親子連れら計546人が参加した。岡山市を走る岡山電気軌道の路面電車や銚子電気鉄道(千葉県)での運転や、上信電鉄(群馬県)や岐阜県を走る長良川鉄道での整備士体験、大井川鉄道(静岡県)で名物になっている蒸気機関車(SL)がけん引する客車列車で車内放送をするなど参加者は鉄道の現場に親しんだ。また、「JTB時刻表」の編集作業やダイヤ作成も用意された。


 小学生の参加費用は平均5900円と比較的手頃ながら、参加することで働くことへの理解が深まり、夏休みの自由研究も完成する「一石二鳥」の内容となった。参加者から好評だったため、JTBは16年春休みにも開催することを決定。


 授賞式では、審査委員を務める東洋大の島川崇准教授が「子ども達の夢を形にする。まさにこれが旅の力だと思いました」との評価が発表された。また、自身の審査でもこの商品を最も高得点にした共同通信社の大塚記者の「参加者の教育と愛好家育成をしながら、舞台となる鉄道会社と地元地域の育成にもつながる定番シリーズとして軌道に乗せることを期待しています」というコメントも紹介された。


 準グランプリを受けたのは、福島県の観光キャンペーン「ふくしまデスティネーションキャンペーン」に合わせ、日本旅行が昨年6月に上野(東京都)から福島までの往路にJR東日本のお座敷列車「宴(うたげ)」を走らせた1泊2日のツアー。往路の約5時間を過ごす車内で、福島県の特産品サクランボを使った菓子のタルトづくり、専門家の解説を聞きながらの同県会津地方の日本酒試飲会、こけしの絵付け体験、「あったかふくしま観光交流大使」を務めるタレントのなすびさんとの写真撮影など多種多様なイベントを用意。早い段階で用意した150人分を完売し、キャンセル待ちも出る人気ぶりとなり、旅行会社ならではのアイデアと集客力で福島県への観光にスポットライトを当て、震災からの復興を参加者に印象付けた功績が評価された。





 


 審査員特別賞に選ばれたのは、KNT-CTホールディングス傘下のクラブツーリズムと、日本旅行がそれぞれ昨年10月に実施した1泊2日のツアー。クラブツーリズムの商品「懐かしの583系寝台列車と大曲花火 秋の章 2日間」は、東京を出発して秋田県での大曲花火を観賞後、旧日本国有鉄道時代の1968年に登場した寝台電車「583系」の貸し切り列車に車中泊して上野へ戻る。日本旅行の大阪を発着する「鉱石の道・一円電車保存車両を巡る『生野銀山・神子畑選鉱場跡&明延一円電車まつり 訪問の旅』」は、兵庫県養父市の明延地区の鉱山でかつて使われていた保存車両「一円電車」の乗車を盛り込んだ。


 一方、ルーキー賞はJR東日本傘下の「びゅうトラベルサービス」が実施した7泊8日で東京都を発着し、北海道から鹿児島県まで日本列島を縦断する「3つの寝台列車乗り比べ JR最北の稚内駅・最南の西大山駅」が受賞。16年3月26日の北海道新幹線開業に伴ってそれぞれ廃止される豪華寝台列車「カシオペア」、寝台急行「はまなす」の乗り納めができるほか、寝台電車「サンライズ出雲」も体験でき、JRの最北駅から最南駅まで縦断できる行程が注目を浴びた。

2016/01/27 16:38

ロード中 関連記事を取得中...