47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【平和国家どこへ】 「自民党は大政翼賛会的」 戦後70年シンポで山崎拓氏

 戦後70年を考えるシンポジウムに出席した(左から)元自民党副総裁の山崎拓氏、加藤陽子東大大学院教授、南野森九州大教授=8日午後、東京都千代田区
 戦後70年を考える日弁連主催のシンポジウムが8日、東京都内で開かれた。パネリストの山崎拓・元自民党副総裁は安全保障関連法案を批判し「自民党は(戦時中の)大政翼賛会的になっている。党内の活発な議論がなく、政府案を唯々諾々と是認している」と苦言を呈した。

 シンポは「今を戦前にしないために」がテーマで、約300人が参加した。

 山崎氏は、従来の個別的自衛権による専守防衛の体制で日本の安全は担保できるとの認識を強調。法律10本の改正案を一括審議していることにも「それぞれ重要な法案で、ひとくくりにして一国会でやっつける( 成立させる )というようなものではない」と慎重な論議が必要との考えを示した。

  南野森 (みなみの・しげる) 九州大教授(憲法学)は法案が成立すれば「憲法9条が何を禁じているか分からなくなる」と危機感を表明。「歯止めは安倍晋三首相の頭の中にしかない」として、法案の歯止め規定が曖昧で、政府の裁量によって幅広く解釈することが可能だと批判した。

  加藤陽子 (かとう・ようこ) 東大大学院教授(日本史学)は日中戦争や太平洋戦争に突入していった経緯に触れながら「安倍さんは国際情勢が悪化したと言うが、そうは思わない。外交努力のプロセスが足りていない」と指摘した。

 (共同通信)

2015/08/09 12:50

ロード中 関連記事を取得中...