47NEWS >  47トピックス >  超おすすめ

47トピックス

【中国艦が射撃レーダー照射】尖閣沖、海自艦に先月/米、緊張激化を懸念 中国軍の意図分析


 中国船が海上自衛隊の艦船に射撃管制用のレーダーを照射していたことを発表する小野寺防衛相=5日夜、防衛省
 政府は5日、東シナ海の公海上で先月30日午前10時ごろ、中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦に射撃管制用レーダーを照射したと発表した。政府筋は沖縄・尖閣諸島沖だったと明かした。日本側は不測の軍事衝突を招きかねない「危険な行為」として中国に厳重抗議し、再発防止を求めた。昨年の尖閣国有化以来対立が続く両国の緊張が高まるのは避けられない。

 防衛省で緊急記者会見した小野寺五典防衛相は、平時の位置探索などと異なる射撃用レーダーの照射は「極めて特異な事例だ」と指摘。「一歩間違うと大変に危険な状態に発展する」との抗議の意思を表明した。中国側の意図は「分からない」とも述べた。政府内には、尖閣問題をめぐって日本側を威嚇する狙いがあったのではないかとの見方が出ている。

 発表によると、レーダーは中国海軍所属のフリゲート艦が長崎・佐世保基地所属の護衛艦「ゆうだち」に数分間照射した。双方の艦船は約3キロ離れていた。事案が発生した正確な位置は明らかにしなかった。

 また1月19日午後5時ごろにも東シナ海で神奈川・横須賀基地所属の護衛艦「おおなみ」搭載のヘリコプターに対し、別の中国フリゲート艦からレーダー照射が疑われる事案があったことも明らかにした。いずれも実際の射撃はなかった。

 射撃用レーダーはミサイルなどの火器が目標を定め追尾するため、距離などを調べ、照準を合わせる機能を持つ。

 日本政府は5日、中国の在京大使館と外務、国防両省に抗議した。岸田文雄外相は、中国側から「まず事実を確認したい」との回答があったことを記者団に明らかにし「大変遺憾だ。再発防止を強く求めていかなければいけない」と強調した。

 安倍晋三首相は5日午後、防衛相と官邸で今後の対策を協議し、万全な対応を取るよう指示した。同時に「挑発に乗ってはいけない。冷静に対処することが大事だ」と語った。

 防衛相は先月の事案発生から発表まで約1週間かかった理由について「正確な分析に時間がかかった」と会見で説明した。

 ■米、緊張激化を懸念 中国軍の意図分析

  【ワシントン共同】中国海軍艦船による海上自衛隊護衛艦に対するレーダー照射について、米政府は安倍新政権下で対話の兆しが出ていた日中間で再び緊張が激化することを懸念、国防総省当局者は5日、共同通信の取材に対し「対話を通じて平和的に問題を解決することを望む」と述べ、日中両国に自制を求めた。

 同省は、不測の事態にもつながりかねないレーダー照射を実施した中国軍の意図や、どのような指揮命令系統下での行動だったのかを分析しているとみられる。

 キャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は先月末、沖縄県・尖閣諸島をめぐり「偶発的衝突が起きかねない状況が生まれており、そうなれば地域全体にひどい結果を招くことになる」と指摘。公明党の山口那津男代表が訪中するなど関係改善に向けた機運が生じていることを歓迎し、さらに対話を進めることを促していた。

 アジア太平洋地域を重視するオバマ政権は中国軍の海洋進出を警戒する一方で、同地域の経済成長を取り込むことも目指す。尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象だと繰り返し強調、中国をけん制してきたが、日中の衝突に「巻き込まれかねない」(米紙)との警戒感も広がりつつある。

 北朝鮮の3度目の核実験が予想される中での日中対立は、対北朝鮮での国際社会の結束も乱しかねず、早期収拾に向けて双方に自制を呼び掛けるとみられる。

  (共同通信)

2013/02/06 09:54

ロード中 関連記事を取得中...


コメント

自国の軍隊の行動も承知していなかったでは、日本はもとより、
世界に通ずる論理ではない。
このような道徳、不誠実、捏造、殺人、歴史の捏造、東シナ海、南シナ海にある他国領土への侵犯・・・
こんな中国&韓国などと自由貿易なんかすると大きく国益を損ない
我が国の存在も危うくなる。
そうそうに、日本は独自の立場で米欧と連携して対決すべきだ。

投稿者 匿名 : 2013年02月21日 16:52

今頃、中国は次の仕掛けを考えているだろうね。それともすでに決まっているかも。日本は、実弾をぶち込まれるまで我慢するしかないでしょ。中国はどうしても被害者として世界に報道したいのだろうから。(自衛隊、海上保安庁には申し訳ないが、中国の意図は「被害者」になることだと思うね。)

投稿者 JAPANDEFCON1 : 2013年02月07日 22:52

事実であれば まず 中国は日本にたいして 謝罪をすべきですね・・・ それから ああの  こうの いうべきでしょう。

投稿者 佐藤 留美 : 2013年02月07日 19:59

シナ事変のときの盧溝橋でのシナ軍の挑発発砲と手口が同じ。
盧溝橋では現地指揮官一木清直大佐がいきなり付近の国民党軍の
宿舎を襲撃したことが原因でシナ事変に突入してしまったが、、、
今回の艦長は非常事態に際して何をしたのか明らかにしてほしい。
腰が抜けて何も反撃できてなかったなどというようなことがあっては
国防上の大問題であるから、、、

投稿者 祖父の従兄弟は大本営海軍部参謀 : 2013年02月07日 14:23

シナ事変のときの盧溝橋でのシナ軍の挑発発砲と手口が同じ。
盧溝橋では現地指揮官一木清直大佐がいきなり付近の国民党軍の
宿舎を襲撃したことが原因でシナ事変に突入してしまったが、、、
今回の館長は非常事態に際して何をしたのか明らかにしてほしい。
腰が抜けて何も反撃できてなかったなどというようなことがあっては
国防上の大問題であるから、、、

投稿者 祖父の従兄弟は大本営海軍部参謀 : 2013年02月07日 14:22

プロペラ機やヘリコプターですと火器管制レーダー照射のアラームを受けて回避操作しようと強く機動を与えると失速して墜落する事もあります。大変危険な行為です。民主党政権時にアメリカとの連携と友好を失った間に東シナ海は自分たちの物だ、と彼の国が主張を強めて来たのでしょう。やはりアメリカとの安全保障上の連携を強めるしかないのでは?

投稿者 末野裕司 : 2013年02月07日 12:32

今こそ、帝國海軍の出番だ。

投稿者 大本営 : 2013年02月07日 12:29

銃を突きつけられ撃鉄を起こされたのに
1週間も経って発表とは国民を見くびってないか?
3・11で見せた日本人の態度は信頼に足ると思うのだが。

投稿者 papaはまぐり : 2013年02月07日 01:07


中国政府は報道で初めて知ったと表明 本当だとしたら
軍を政府がコントロールできていないわけで、なにやら戦前の日本みたいな状況なんでしょうか????
そうだとしたら ぞっとしますね 

投稿者 ninnjinred : 2013年02月06日 23:13

阿部゜内閣はほんとは中国とは対峙したくないのでは?
本気なら現在の備えでは不十分なのに。警告していつも饒舌なくせに無反応なのは中国にその気があったせい。次は大艦隊で押し寄せるだろう。そのときは逃げまくるしかない。そして、上陸。どうするのだ。

投稿者 araeneko : 2013年02月06日 22:50

射撃管制用レーダーをいつ感知したのか良くわからないがこのレーダーを感知した時に自衛艦はどんな行動に出たのか政府のコメントが聞きたい。レーダー放射を受けて1週間も立って何を言っているのかわからない。中国軍に「おとといきやがれ」と言われてもおかしくない。これが自衛隊艦の実力?とすると恥ずかしい限り。又、政府発表では尖閣周辺と言わずに東シナ海と言っているのも気にかかる。自衛艦はここで何をしていたのか?最近日本人の愛国心を高める為、或いは富国強兵(軍備費増強)を正当化する為正確な報道をわざとしていないような節が見受けられる。阿部内閣にうさんくささを感じる。

投稿者 岡村 勝 : 2013年02月06日 19:15

有害汚染物質は流れてくるし、厄介な人たちですね。
足元を見られているのは明白です。昭和20年に終わった事に何時までも引きずられるのではなく、大陸や半島の人たちと付き合いたいものです。

投稿者 金田正太郎 : 2013年02月06日 19:14

中国海軍は我が国にこのようなことをしても、憲法の縛りがあり何も手出しできないことを見通しての行為だろう。いじめっ子が弱い子にいろいろ手出しして反応を見て楽しむのと同じで、実に幼稚な行為だ。世界第二の経済大国となってはいるが、その精神構造は、あまりにお粗末。こうした危険な国が我が国周辺に存在していることを国民は肝に銘じておく必要がある
 憲法の前文には「平和を愛する諸国民の公正と審議に信頼して」と書かれているが、余りに現実離れした言葉だとつくづく思う

投稿者 岡山公三 : 2013年02月06日 16:20

中国問題に日本国として、もう少し強く出て下さい、何も戦争だけが本心ではない、が、何とこんな国を野放しにやりたい放題では
日本としても納得がいかない。〈北朝鮮)等言いたい放題です。
何もこんな国に遠慮はいらないと思います。言うべきことは、
はっきり申し上げる、等防衛省、外務省は、もう少し強く出てみては、いかがなものか、

投稿者 亀田茂樹 : 2013年02月06日 10:50


コメントをお寄せください