47NEWS >  47トピックス >  科学環境

47トピックス

【原発問題】参加新聞社のニュース 浜岡「停止継続」51% 再び半数超え 牧之原市の市民調査

東日本大震災

【静岡新聞】
■浜岡「停止継続」51% 再び半数超え 牧之原市の市民調査
 牧之原市は25日の市議会常任委員会合同協議会で、4~5月に実施した2017年度市民意識調査の結果(速報値)の一部を報告した。全炉停止中の中部電力浜岡原発(御前崎市)の今後を尋ねる設問で「停止しておいた方が良い」が51・6%と過半数に達した。
 「停止しておいた方が良い」は16年度に47・3%と11年度の質問開始以来初めて過半数を割り込んでいたが、再び50%を上回った。
 調査対象は無作為に抽出した16歳以上の市民1400人。5月15日現在の有効回収数は733件(52・5%)で、最終的には800件ほどになる見込み。………(5月26日)<記事全文>

kaishoshiki.jpeg【福島民報】
■早大 広野に研究機関 浜通りの復興支援 開所記念しシンポジウム
 早稲田大が広野町に設置する研究機関「ふくしま広野未来創造リサーチセンター」の開所式と記念シンポジウムは25日、町公民館で行われた。
 リサーチセンターは同大環境総合研究センターが学外に設置する研究機関。北九州市、岩手県釜石市、中国・大連市に次いで4カ所目となる。町内の二ツ沼総合公園のパークギャラリーを拠点に、今後5年間、同大の職員や学生、他大学の研究者ら約20人が、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後の広野町や双葉郡、浜通りの復興や地域づくりなどについて研究する。………(5月26日)<記事全文>
【写真】開所式であいさつする遠藤町長

【5月26日】
■「ふくしまの水」最高金賞 福島市長授賞式出席へ モンドセレクション2017 【福島民報】
■双葉の原発事故「教訓」...後世に 民間主導、富岡に拠点開設へ 【福島民友新聞】
■重大事故時の原子炉冷却 「直流電源」中電に要求 浜岡4号機 【静岡新聞】


2017/05/26 11:00

ロード中 関連記事を取得中...