47NEWS >  47トピックス >  科学環境

47トピックス

【原発問題】参加新聞社のニュース <福島第1>排気筒にドローンの線量計落下

東日本大震災

sennryo8ukeiraxtuka.jpg【河北新報】
■<福島第1>排気筒にドローンの線量計落下
 東京電力は27日、小型無人機「ドローン」を使った福島第1原発1、2号機共通の排気筒の放射線量調査で、ドローンでつり上げていたワイヤがすり切れ、線量計が排気筒の内部に落下したと発表した。排気筒上部の手すりにワイヤが接触したのが原因という。
 調査は支柱に亀裂が見つかっている排気筒(高さ120メートル)の解体工法を検討するのが目的。地上からワイヤでつながった線量計をドローンでつり上げて排気口に投入し、10メートル間隔で内部線量を測る計画だった。………(9月28日)<記事全文>

sennmonnkakataru.jpg【福島民友新聞】
■「甲状腺」巡る問題解決へ専門家語る 福島で国際専門家会議
 東京電力福島第1原発事故後の子どもの甲状腺を巡る問題について議論する国際専門家会議が26日、福島市で2日間の日程で開幕した。最終日の27日、甲状腺を巡る問題の解決に向けた提言を発表する。
 専門家会議は、過去に旧ソ連チェルノブイリ原発事故の周辺地域で子どもの検診を実施している日本財団の主催、福島医大と長崎大、笹川記念保健協力財団の共催。震災、原発事故後5回目の開催で、今回は放射線の問題の中でも甲状腺にテーマを絞った。
 国内外の専門家15人が登壇し講演、報告を行った。ベラルーシやウクライナの専門家がチェルノブイリ原発事故の汚染地域の甲状腺がんを巡る研究について発表したほか、福島医大の教授らは本県が実施している甲状腺検査について説明した。………(9月27日)<記事全文>

【9月28日】
■<福島第1>引き留め鉄構 40年無点検 【河北新報】
■子どもの甲状腺検査 専門家、福島県に提言へ 【河北新報】


2016/09/28 13:09

ロード中 関連記事を取得中...