大転換 第8部 感覚が変わる1

 今春、東京国立博物館で開催された展覧会「『Story of…』カルティエ クリエイション」。指輪、ティアラ、腕時計。高級ブランド「カルティエ」の歴史を振り返る約250点のきらびやかな宝飾品が並ぶ。会場を巡ると、最後に異質な部屋が現れた。  

 白一色の部屋にあるのは、ガラス製のつぼといすだけ。そんなシンプルな空間を満たすのは、澄み切った香り。展覧会を監修したデザイナー、吉岡徳仁(よしおか・とくじん)さん(42)が、カルティエをイメージして特別調合させた香りをつぼに入れて〝展示〟した。その仕掛けについて、吉岡さんは「香りとともにこの展覧会を記憶してほしかった」と語る。

 「無臭社会化する日本に警鐘を鳴らす、意欲的な試みだ」。常葉学園大(静岡市)で科学教育を教える小田切真(おだぎり・まこと)教授(48)はそう展覧会を評した。無臭社会化―。それを裏付けるように、消臭剤や脱臭剤などの市場規模は拡大を続ける。ある調査会社によると、2001年度に約910億円だった市場は、05年度に1千億円を突破。同教授が、女子学生に日常使う化粧品について聞いたアンケートでも、ほとんどの学生が香りのある商品を敬遠し「無香」や「微香」を好むと回答した。 

 無臭化は日本人の清潔志向を表すともされるが、小田切教授は「日本人、特に子どもに悪影響が出ている」と指摘する。 
 「におい」を教材とした科学教室で、ホットケーキが焼ける時など「食べごろのにおい」や「おいしそうなにおい」が分からない子どもが、年々増えているのを実感。また、使用する食べ物や教材のにおいをかがず、すぐに口に入れようとする子どもも目立つという。 

今春に東京国立博物館で開催された「『Story of…』カルティエ クリエイション」で、香りが“展示”された部屋(Nacása & Partners ©Cartier)

体験と結び付き記憶に

無臭社会化にあらがう

「苦そう」。自分たちが育てたゴーヤーのにおいをかいだ園児は、思わず顔をしかめた=兵庫県尼崎市の「立花愛の園幼稚園」(共同)

 「よいにおいや危険なにおい…。言語化しにくいにおいを、それに伴う体験とセットで記憶することで人は危険を回避してきた。生き物として必要な能力を失っている」。そう危惧(きぐ)する小田切教授は、無臭化が子どもたちの感性も貧しくしていると感じている。「多様なにおいを知り、受け入れることは、他者を理解することにもつながる。それが欠けた子どもは、異質なものを排除することしかできない」

 「どんなにおいがする?」。兵庫県尼崎市の「立花愛の園幼稚園」で保育士が子どもたちに声を掛けた。春植えの野菜を収穫した園児が、元気な返事を返す。キュウリを折った男の子は「甘い」。ゴーヤーの男の子は「苦そう」と顔をしかめる。ナスを持った女の子は何度も鼻を近づけ、残念そうに「においしない」 

 同園では04年度から、園児が畑で野菜を育てている。植える野菜の選定に始まり、雑草取りや肥料やり、収穫まで、

主役は園児。除草剤や化学肥料は使わないため、手で雑草を抜き、鶏ふんの肥料をまく。「鶏ふんは最初こそ嫌がりますが、2度目からはまったく平気」と浜名浩(はまな・ひろし)園長(49)。「ふんのおかげで野菜が大きくなることに気づくと、嫌なにおいでも受け入れられるのでしょう」 

 土のにおい、草のにおい、雨のにおい、風のにおい…。園児たちは畑で毎日違うさまざまなにおいと出合う。「その体験が子どもの心に化学変化を起こし、豊かにするのです」と浜名園長。 

 「一緒に食べよ」。キュウリを折った男の子が、女の子に半分を手渡した。「おいしいね」。二つの笑顔が弾けた。 

 社会の情報化とともに、生物としての人間はただ衰えていくのだろうか。生来の情報処理能力である“感覚”を再び、そして新たに手に入れようとする現場を追った。(榎並秀嗣共同通信記者)


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り