大転換 第7部 食が変わる2

 鼻孔の奥に突き刺さる強烈な悪臭が漂う。床の上には、10センチ以上もの深さでふんが積もっていた。鹿児島県の黒豚飼育農家。「毛穴一つ一つにまでにおいが入り込んだ」。3月下旬、日本の養豚現場視察に訪れた中国のネット企業社員、毛山(もう・さん)さん(37)は、着ていた服にもこびり付いたにおいが2回洗っても落ちず、延々と悩まされ続けた。  

 毛さんは、中国四大ポータルサイトの一つ「網易」の“農業事業部”部長。時代の最先端企業と、数千年の歴史を持つ養豚業をつなげたのは、中国製ギョーザ中毒事件や有害物質メラミンによる乳製品汚染など、昨年相次いだ食品安全事件だ。

 「中国の消費者の『食の安全』意識は飛躍的に高まった」。絶対に安全な商品なら値段が高くても商機はあるという読みだが、まったく畑違いの分野への挑戦。毛さん自身も今年1月に同社へ入社する前は、香港で飛行機の整備技師をし、副部長の周炯(しゅう・けい)さん(26)も新聞記者からの転職組だ。 
 日本の養豚業の先進技術も参考にしようと、3月下旬から約2週間かけて、鹿児島県の黒豚飼育農家など十数軒を視察。しかし「見た中の最先端業者でも、望む衛生水準には達していなかった」(毛さん)というほど、追求するレベルは高い。 

毛さんらのアイデアは独創的で、ネット企業の強みを生かし、生産状況をすべて公開する方針。養豚場に監視カメラも

養豚業参入の準備を進め、北京市内の養豚場で飼育状況を確認する中国の大手ネット企業「網易」の毛山部長(左)と周炯副部長(共同)

中国ネット企業が養豚参入

食の安全意識向上で商機

北京市内の市場で売られる豚肉。中国では食肉の中で、豚肉の消費量が最も多い(共同)

設置して、消費者が映像を24時間チェックできるようにする。 

 近く第1期として2万頭規模の養豚場を完成させる予定で準備作業は続く。「中国の養豚全体の改革のために必要な事業だ」。安全な豚肉をつくればもうかるというビジネスモデルが成功すれば、後に続く業者も現れる。豚肉全体の安全性を高めようと、夢は広がる。 

 中国で「食」への意識が高まる一方、2007年の中国製ギョーザ中毒事件を受けた中国食品の安全管理に対する日本側の視線は依然厳しく、中国側の反発も出始めた。 

 山東省のある食品企業は、日本向けに輸出していた製品を中国国内販売などに振り替える“日本離れ”を決定した。「これまでは値段が高くて国内では売れなかったが(食の安全意識向上で)今は売れる」と経営者。 

 日本離れの背景には、ギョーザ事件以降、日本の消費者が中国製品に対して「極端に過敏」(同経営者)になり、少しでも問題があるとされた中国企業は経営が危うくなるという現状がある。

国内向けなら、品質や重量に問題がなければいいが、日本向けは製品の形までそろっていることが求められる。「食

品産業は『ローリスク、ローリターン』のはずだが、日本向けだけは手間がかかる上『ハイリスク、ローリターン』になっている」と言う経営者。「日本とはもう付き合いきれない」と嘆く。

 会社のホームページの社名の横にショートケーキの写真が載り、新製品紹介では、アイスクリームやワッフルが並ぶ。ギョーザ事件の製造元、天洋食品(河北省石家荘市)の今の会社紹介だ。だが同社は依然として操業停止中で、連絡先として書かれた電話番号も使われていない。中国の日本への食品輸出量は今年第1四半期も事件前の水準には回復していない。 

 先の経営者は、輸入停止という対策だけでなく、食の安全確保の抜本的取り組みが必要と強調。「日本はうかうかしてると、安全な食品を輸入できなくなると気が付くべきだ」と警告した。

 ギョーザ事件は食品の安全性に関する深刻な疑念を飽食日本に突きつけた。食べ物や食べることへの消費者の関心はかつてなく高まり、それは生産や流通の現場にも向かっている。食をめぐるさまざまな変化の芽を追った。 (芹田晋一郎共同通信中国総局記者)


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り