大転換 第6部 働き方が変わる1

 都会から山里に移り住み、自給自足程度の田畑を耕しながら、自分が天職とする仕事“X”を両立させる。「半農半漁」ならぬ「半農半X」と呼ばれる生き方が、静かに広がっている。発信源となった京都府北部の綾部市には各地から人びとが集まり、高齢化や耕作放棄に悩んできた農村の風景は変わりつつある。

 里山から霧が立ち上り、ヒバリが鳴く田園風景が広がる。京都駅から特急で1時間余りで人口3万7千人の綾部市。京都市に住んでいた看護師の都間(つま)ひとみさん(38)は昨年2月、綾部の中心部から車で小一時間の山間部の小集落に移住した。空き家だった古民家に住み野菜や米作りをしながら、地域のデイサービスで週4日働く。

 「都会の病院では、数字や機械に管理されていた。収入は半減したけれど、必要な買い物は油揚げや豆腐ぐらい。そし

自宅のアトリエ兼ギャラリーで「綾部を日本のバルビゾンに」と夢を語る、ともに画家の関輝夫、範子さん夫妻=京都府綾部市(共同)

山里で農と天職を両立

京都・綾部に人びと集まる

塩見さんの田んぼで行われたイネ栽培の体験イベントで、田植えをする地元の学校の先生(中央)と塩見さんの家族。苗を等間隔に植えるため、器具を使って作業をする=京都府綾部市(共同)

て民俗文化や地域の人との触れ合いがある」 

 綾部には翻訳家や技術者、自然食研究家らが半農半Xの生き方を求めて集まっている。空き家の情報を求めて市に登録している人は400人。既に移住した中には50人ほどの芸術家もいる。 

 「綾部を日本のバルビゾンに」。ミレーらが田園風景を描いたフランスの村を引き合いに出すのは、パリから約30年前に故郷に戻った画家関輝夫(せき・てるお)さん(61)と妻の範子(のりこ)さん(67)だ。自宅は音楽家や陶芸家が集う芸術活動の拠点となっている。

 半農半Xは綾部市で都会の住民との交流や定住支援に携わる塩見直紀(しおみ・なおき)さん(44)が提唱、2003年に綾部の人びとの生き方を紹介した本で反響を呼んだ。塩見さんは自分が本当にやりたい仕事を探す勉強会を主宰、首都圏の若者らの参加が多い。「若い人ほど環境や雇用、年金などに対する危機感が強い」と見る。 

塩見さんは大阪の会社で社会貢献事業を担当していた。当時、屋久島で暮らしていた作家の星川淳(ほしかわ・じゅん)さんが、環境に負荷の少ない小さな農を営みながら、著作に打ち込む生活を「半農半著」と呼んでいるのを知る。“著”の代わりに各人の天職の意味で“X”を当てはめた半農半Xが21世紀の生き方と確信した。

 「食料自給率が低いと政府を批判する前に、自分で耕してみよう」と10年前に兼業農家の実家に帰る。子どものころ母親を42歳で亡くした。「仮に残りの人生がわずかならどう生きよう」と自問するうち、都会と綾部をつなぐ仕事が自分のXとなった。 

 塩見さんは都市住民らに水田を提供し、1人が1年に食べ

民泊を経営する芝原キヌ枝さん(左)の自宅で「綾部を“X”があふれるまちにしたい」と語る塩見直紀さん=京都府綾部市(共同)

る量のイネを手作業で栽培するプロジェクトも手掛ける。無農薬で草取りが大変だが、今年は京阪神から11組が参加した。 

 神戸育ちの男性(28)は「自分で作った米を『いただきます』と言って食べたい」と笑顔。京都市の写真家(35)は「終身雇用が揺らぐ中、食が保障されればやりたいことに打ち込める」と半農半Xへの関心を語った。 

 綾部に来る人びとに触発され、地元住民も変わった。ホタルが飛び交う渓流の近くに暮らす芝原キヌ枝(しばはら・きぬえ)さん(76)は70歳を目前にして、農家民泊というXを見つけた。集落の人口は減り、出てくるのはサルやイノシシばかり。夫を亡くした年に「大学生が昼寝しにきたらいいのに」と塩見さんにつぶやいたことがきっかけで、民泊が始まった。築100年以上の古民家には延べ500人が癒やしを求めて訪れた。  

 「10回も来てくれた女性もいて、結婚相手も連れてきた。こちらは若い人にパワーをもらう」と話す芝原さん。楽しみながら続けるつもりだ。 (藤田康文共同通信記者)


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り