大転換 第5部 老いが変わる5

 世界最高峰のエベレストに最高齢で登頂した三浦雄一郎(みうら・ゆういちろう)さん(76)はギネス認定直後の二月、札幌市内の病院でベッドの上にいた。スキー場で転倒して骨盤を折り、寝たきりに。医師は再起を危ぶんだが、八十歳での再登頂を目指して適度な負荷を体にかけ続け、驚異的早さで回復している。

 「涙が出るほどつらくて厳しくてうれしい」。昨年五月二十六日、標高八、八四八メートルの頂に立った。七十五歳という年齢、不整脈という持病。登頂は難しいとも言われたが、心臓の手術も乗り越え、夢を実現した。

  もともと身長一六四センチと小柄な体格。一九八五年に世界七大陸最高峰のスキー滑走を達成したが、その後はト

札幌市の病院でリハビリに励む三浦雄一郎さん=7日(共同)

技術が補う身体機能

訓練に励む三浦さん

2008年5月26日、エベレストの登頂に成功した三浦雄一郎さん(ミウラ・ドルフィンズ提供)

レーニング不足がたたり、六十代の時にはウエストが約一メートルもあった。「暴飲暴食は当たり前。完全なメタボでした」と振り返る。

 六十五歳で糖尿、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞(こうそく)の可能性を指摘された。一念発起してエベレスト登頂を目標にした。出掛けるときには両足に五キロずつの重りを装着、リュックに二十キロの重りを入れて筋力を鍛えた。脂肪は次第に筋肉へと変わった。

 「自分がどこまでできるのかを知りたかっただけ」と話すが、原動力は、自分と同じ山岳スキーヤーだった父への思いだった。最後まで技術向上を目指し、片足に一・五キロの重りを付けて歩いた敬三(けいぞう)さん。百歳を過ぎても板を脱がず、亡くなったのは百一歳だった。

 エベレスト登頂から九カ月後。三浦さんは自分の庭のように知り尽くした札幌市のスキー場で、まさかの重傷を負う。雪の山に乗り上げて転倒し、救急車で運ばれた。骨盤骨折で全治三カ月。

 NTT東日本札幌病院の井上雅之(いのうえ・まさゆき)医師(49)は「この歳で骨盤骨折すれば、普通は寝たきりになる。生命にもかかわりかねなかった」と振り返る。筋肉を傷つけると回復に時間がかかるため手術はせず、自然に骨が付くのを待った。世界の頂点に立った男が自分でトイレにすら行けず、体には床擦れができた。

 三浦さんには心に期した新たな目標があった。「もう一度、今度は中国側からエベレストに登りたい」。昨年の登頂はネパール側から。三月のチベット暴動の影響で中国政府が外国登山隊の入山を禁止、三浦隊は直前のルート変更を余儀なくされたのだ。「本当はあそこを登ってくるはずだったんだ」。頂上からは中国側の登山ルートが「すうーっと見えた」。

札幌市の病院でコンピューター断層撮影(CT)検査を受ける三浦雄一郎さん=7日 (共同)

 三浦さんは病室で少しずつリハビリを始める。ベッドで手に持った重りを上下させ、足に付けた重りを看護師にしかられたこともある。「少し体に負荷をかけてあげた方がいいんです」。四月にはつえを突いて歩けるようになり、病院の階段を繰り返し往復。予定より早く退院した。

 五月、つえなしで病院を訪れた三浦さんのエックス線写真を見て井上医師は回復の早さに驚く。「肉体は二十―三十代ぐらいだ」。太ももは退院時より一センチも太くなっていた。「秋には試しに富士山に登る。夢を実現するのに年齢は関係ない」

 つえ代わりにスキーのストックを突きながら、全国を講演活動で飛び回る日々。家族兼マネジャーとして父親の“むちゃ”に反対していた長女恵美里(えみり)さんも回復ぶりを目にし、声援を送る。「目標があるから、父は生き生きしている。止めてもどうせ聞きませんし」(沢野林太郎共同通信記者)


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り