大転換 第4部 資本主義が変わる5

 インド南部の港湾都市チェンナイ郊外。ホテル、病院、情報技術(IT)企業を傘下に置くSRMグループが運営する「SRM大学」の広大なキャンパスでは、約二万人の若者が学んでいる。 

 「まず大学を設立してから企業をつくった。教育と事業を結び付けたことが成功した」。ソフトウエア開発を手掛ける「SRMテクノロジーズ」のスリニワサン最高執行責任者(COO)は、同グループがインド南部を代表する企業集団に成長した理由をこう語る。 
 理工系や医学系の学部を中心に、IT、医薬品などインドの二十一世紀型産業を支える人材を育てようとしている。 

 「米国企業はすぐに大型受注をくれるが、それっきりという例が少なくない。日本企業とは長期的な関係を築ける」とスリニワサン氏。SRMテクノロジーズは米国市場にあえて背を向け、日本市場の開拓に集中してきた。 

 人材を長い目で育てるSRMグループの考え方と、日本企業は相性が良いと考えたからだ。日本への留学経験がある機械技術専攻の四年生、プラディープさん(21)は「日本でソフト開発の仕事に就きたい」と話す。 

 この大学の学生のうち、二割程度は米国などに留学する。暮らしにゆとりがある中産階級の出身者が多く、キャンパスも開放的な雰囲気に包まれている。

 先進国からのアウトソーシングで急成長し、学生に人気の高いIT産業、医薬品メーカーなどは、人材確保のための競争を繰り広げている。「都市部では(職業を制限してきた)カースト制度はほとんど関係ない。むしろ公立小中学校の教育水準の低さが格差拡大を招いている」(ジャワハルラル・ネルー大のプレム・モトワニ教授)という。

 インドの大都市では、先進国と同じ消費社会が生まれている。ニューデリーの空港近くには大規模なショッピングモールが並び、高級車が路上にあふれる。かつては男女交際にも厳しい目が向けられていたが、ムンバイやニューデリーでは手をつないで歩くカップルの姿も珍しくない。

若者の間では新興宗教が静かなブームとなり、専門書店も

インド・ムンバイで、海岸沿いの道に座って抱き合うカップル(共同)

大学起点に企業集団

心の空洞や暴力連鎖も

ニューデリー近くの大型ショッピングセンターで買い物を楽しむ人々。派手な看板が目を引く(共同)

登場している。受験に苦しんだり、安定した職業を探すのに悩んだりする若者が少なくない。司法当局によると、十年前には年間八百人程度だった学生の自殺は六千人近くに増えた。

 北海道大大学院の中島岳志(なかじま・たけし)准教授(現代インド論)は「経済成長によってインドの社会は大きく変化し、心の空洞が広がっている」とみる。  

 「オートバイやバスが燃やされた」。名古屋市に住むキリスト教の神学生、クジュール・プラフルさん(30)は昨年八月、インド東部のオリッサ州に住む父親の緊張した声を電話口で聞いた。同州ではヒンズー教の原理主義グループによるキリスト教徒の殺害や放火が相次いでいる。 

 東部などには成長から取り残された農村が多く、「毛沢東主義派」などの極左勢力も貧困層の支持を集め台頭している。 

 「ヒンズーは本来、暴力的ではない。実家の近くにはイスラム教の家庭もあり、それぞれのお祭りを祝ってきたのだが…」と、クジュールさんは不安そうな表情を見せる。秩序の変化や貧困は、混乱と暴力の連鎖を生む。急ピッチで進む工業化や都市化は、インド社会の深部を揺るがしている。(小林輝彦共同通信記者)


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り