大転換 第4部 資本主義が変わる4

 インド最大の商業都市ムンバイで三月二十三日夜、世界の自動車業界が注目する新型車がお披露目した。民族資本の雄であるタタ自動車が開発した「ナノ」は、基本モデルの価格は十一万三千ルピー(約二十一万円)。ドアミラーは運転席側だけで、エアコンもない。 

 ニューデリー市内の自動車販売店には、ナノを展示した初日に約千人が詰め掛けた。不動産会社社長のアショク・サマさん(52)は「インドの会社が世界一安い車を開発したことを誇りに思う」と語った。 
 インドの自動車産業の新たな拠点となった南部のバンガロール。米国企業とインドの自動車部品メーカーの合弁会社「エムコン・テクノロジーズ」の工場では、多くの若者が働いている。 

 現地に進出したトヨタ自動車の指導を受けながら排気部品などを生産している。工程表が壁に張り出された光景は、日本国内のトヨタ系部品工場に似ている。

 工場次長のバラジさん(39)は「かつては三日分の在庫を抱えていたが、いまは一日分で済んでいる」。在庫や不良品が減り、生産コストは大幅に圧縮した。

トヨタ系の現地法人が運営する学校で授業を受ける生徒たち=インド・バンガロール(共同)

低価格車に誇り抱く

海外勢追う民族資本

タタ自動車の低価格車「ナノ」を見ようと自動車販売所に詰め掛けた人たち=ニューデリー(共同)

 エムコン・テクノロジーズは西部の工場でナノの部品を製造している。「コストを極限まで抑え、小さな車体に合わせた部品をつくるのは大変だったが、やりがいがあった」とバラジさん。インドの自動車市場を一変させかねない超低価格車にも、目に見えないところで日本メーカーのノウハウが息づいている。 

 ニューデリーから約三百キロ離れたインド西部のマンサケリー村。土ぼこりが舞う狭い道に沿って、小さな家が点在している。人口の約80%が農民だ。

 村の有力者(44)は「農業の機械化や農作物の値上がりで、村民の所得は二年前より25―50%上がった」と話す。テレビや二輪車を持つ村民も増えた。タタ自動車は農村を新たな市場とみてナノを売り出した。

 ホンダは一年半ほど前から、農産物を売る農民が集まる日を選んで二輪車を持ち込み、即売会を開いている。一二五ccの二輪車の価格は九万円程度。インドの農村部には、娘が結婚する際に現金、家財道具などを持参させる習慣が残っており、そのために二輪車を買う親も少なくない。ホンダとインド企業の合弁会社ヒーロー・ホンダは「ナノはたしかに低価格だが、二輪車の需要も強い」とみている。

 バンガロールのトヨタは、二〇〇七年八月から現地工場の近くに全寮制の学校を開いた。中学を卒業しても家計にゆとりがなく進学できない少年約百三十人が語学や塗装の技術などを学んでいる。学費は必要ない。

 二年生のシャラト・プラモドくん(18)は、姉と弟がいる。「クルマに強い興味があった。将来はトヨタで働き、自分で家族を養いたい」。現地工場を指揮する中川宏(なかがわ・ひろし)さんは、生徒たちと会うたびに「このチャンスを生かしたいという気持ちをひしひしと感じる」という。 

自動車部品製造会社「エムコン・テクノロジーズ」の工場で働くインド人の若者=バンガロール(共同)

 インドの自動車販売は昨年九月の米金融危機の直後は落ち込んだが、今年に入ると早くも回復してきた。インド住友商事社長の山口肇さんは「インド経済はもはや後戻りすることはない」と考えている。

 タタ自動車をはじめとする国内勢と、海外勢が入り乱れて争う時代。十一億人の内需を乗せた巨象は、成長の階段を駆け上がろうとしている。(小林輝彦共同通信記者)


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り