大転換 第3部世界が変わる7

 東京都新宿区大久保一丁目、53%。大久保二丁目、38%。外国人世帯主の比率だ。両地区にはさまれた大久保通りにひしめく看板はハングル、中国語、タイ語…。コリアンレストランは今や地域の名物となり、週末は韓流ファンでにぎわう。

 十六世紀からの寺社があり、江戸を守る鉄砲隊「百人組」も置かれた伝統ある街。戦前は陸軍幼年学校や音楽隊があり、上級士官を毎朝迎えに来る馬がにぎやかだった。

 「今は外国人が増え、ごみ捨てのマナー、におい、騒音…。こんなところは嫌だと、郊外に引っ越す人も少なくない。日本人はまるで少数先住民族のよう。共存共栄すべきなのに」。一丁目に住む内山安之(うちやま・やすゆき)さん(71)はやきもきしている。

 かつて呉服店を営んでいた。今はアジア人留学生が大勢住むマンションの大家。ごみの捨て方、マナーをやかましく注意する。「入管や不動産業者、雇用主らはもっと積極的に指導すべきだ。周囲が言わねば駄目なんだから。外国人のマナーを向上させ、街から出ていった人も戻って来たくなるようにしないと」

 地区は急速に高齢化が進む。「災害があれば、日本人のお年寄りを外国人が救助する場面も多いのでは」と新宿区の担当者。JR新大久保駅には二〇〇一年にホームから転落した日本人を助けようとして命を落とした韓国人李秀賢(イ・スヒョン)さん=当時(26)=の顕彰碑がある。

 かき氷、ヨーヨーすくい…。区立大久保小学校の敷地を使

気付けば少数“先住民”

「共存共栄」の道探る

韓国料理店などが並ぶ新大久保商店街で、街づくりについて語る組合理事長の森田忠幸さん=東京都新宿区

って開かれる夏祭りには外国人の子どもがいっぱい。大人たちは地域の行事にあまり姿を見せない。

 「実は、彼らも参加したい気持ちはあるようだ」と内山さん。「でも日ごろ付き合っていないことがネックになっている。ともに暮らすには、よく話し合うこと。彼らのリーダーもこちらに足を運び、仲良くなるよう努力してほしいのだが」

 商店街振興組合の話し合いは熱い議論になった。「コリアンが多いんだから、いっそ商店街をテーマパークにしよう。お客さんも増える」「もうかればいいのか。先輩たちが築いたものをどうする」。数年前のことだ。

 街は変わっていく。サッカーの二〇〇二年ワールドカップでは、韓国チームがゴールするたびに、通りに歓声が地鳴りのように響いた。日本人には読めない看板が増えた。日本人の店に入った外国人客が「どうして日本語しか通じないの?」と尋ねるようになった。

 店主たちの気持ちは揺れ動く。新宿と高田馬場という二つのも韓流ブームのおかげ。ありがたい。でも、街の力はそれだけじゃない。

 組合理事長の化粧品店主森田忠幸(もりた・ただゆき)さん(57)は「無理に韓国の物を売ったって韓国人にかなわない。それに、日本の街で一緒に暮らす彼らに、せっかくだから和食を食べてほしいし、日本語の微妙なニュアンスを知ってほしい」と言う。「もともとの日本の店主も客も、外国人の店主も客も自然にして、ともに栄えたい」

 森田さんたちは最近一つの決断をした。これからは商店街の活動に外国人店主を迎え入れる。街灯の手入れ、掃除、抽選会、街路樹の飾り…。「大変だと思う。今まであまり触れ合わず済ませてきたけど、何事も話をしながらやっていく。ぶつかることもあると思いますよ。それでもいい。息長く、協力し合って」(沢康臣共同通信記者)


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り