大転換 第二部生き方が変わる③

 デザイナー阿部千登勢(あべ・ちとせ)さん(43)には、大切なものが二つある。 
 一九九七年、約十年間勤めたコムデギャルソンを退社し、長女を出産。半年後、ブランドを立ち上げることを決意した。名前は旧姓から取った「sacai(サカイ)」。「子どもも欲しかったし、仕事もやりたいし」。夢をあきらめるなんて、考えられなかった。 
 娘のそばで得意のニットを編んだが、一日数時間しかさけない。「ドレスやバッグも含め、たくさんの服はできないけれど、五種類のニットならスペシャルなものができるんじゃないか」。仕事のあり方を変え、今の暮らしの中でできる最善を目指した。同業の夫も背中を押してくれた。 


 設立から一年たって開いた展示会は、自宅マンションが会場。日当たりの良いリビングにコーヒーの香りが広がり、おもちゃが転がっていた。家族が暮らす気配があるなかに、ベーシックな形にひねりを加えた独特の服が並んでいた。

 「有無を言わさずおしゃれ。『見つけた!』と思った」と「ファッションニュース」編集長向千鶴(むこう・ちづる)さん(38)は言う。派手なショーで注目を集める、通常の新作発表に慣れた人たちには新鮮だった。「本当に自宅だった」「お茶を入れてもらった」と楽しい話題に。子育てしながら一人で始めたという「弱点」を魅力に変換したのだ。

 向さんは「阿部さんの生き方もあこがれ。家庭があって仕事もするって当たり前なのに、なぜか理想になっているから」と話す。従来型の組織では、女性が働き続けるのにはまだ困難が付きまとう。結婚や出産を望んでも機会を逃す人も


日常をいとおしむスタイル

ファッションが示す価値観

スタジオで作品のチェックをする、デザイナーの阿部千登勢さん(右)=東京都渋谷区(共同)

多い。


 昨年九月、伊勢丹新宿本店でサカイの期間限定ショップがオープンした。仕掛けたバイヤーの須藤有紀子(すどう・ゆきこ)さん(39)はサカイのファンだが、一般の人がターゲットの百貨店としては賭け。「内心は『大丈夫かな』とびくびくでした」という。 

 ところが会場には女性たちが駆け付け、限定カーディガン約四百着は即日完売。「やっぱり皆、いいって思ってるんだ…」。こっそり涙ぐんだ。今や海外有名ショップもこの小さなブランドを買い付ける。「デニムにもパーティースタイルにも合う。気負わないのに計算された美しさがある」と須藤さん。   サカイのテーマは「日常の上に成り立つデザイン」だ。阿部さんは「運動会に行ったりお母さん同士で話したり、

パーティーにも顔を出す。日常の中で私が感じることを大事にして、デザインが生まれる」と明かす。「さみしい思いをさせた」と、娘に謝る日もあるが「仕事も同じくらい大事。切り離してはいないんです」。 

 女優でモデルのりょうさん(36)も、サカイを見つけて以来「好きで」着続けている。りょうさんにとってファッションは、三歳の長男と公園で遊ぶときも、ドラマ収録に臨むときも「その日を楽しむ気持ちにさせてくれる」ものだ。

 家庭と両立する仕事は、いわゆる「完ぺき」ではないかもしれない。「でも不完全でマイナスに見えるものを逆に生かせると思う」と阿部さんに共感する。

 一人の女性デザイナーの服を通じ、新たな価値観が広がる。ステータスやトレンドの象徴だったファッションから、日常をいとおしみ自己実現していくライフスタイルへ。それはありのままの女性を肯定した、静かでやわらかなルネサンスだ。(中井陽共同通信記者)


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り