大転換 第12部 権利が変わる5

 「何か文句があります」。日本最大規模の医療被害者団体「医療過誤原告の会」会長の宮脇正和(みやわき・まさかず)さん(59)はその一言が今も忘れられない。1983年、次女=当時(2)=を亡くした宮脇さんに医師が発した言葉だ。 

 それから四半世紀。緩やかながらも着実に改善されてきた患者、中でも医療被害者やその家族の権利をめぐる現状は、再び厳しさを増している。

 83年2月、宮脇さんの次女は軽い肺炎と診断され入院した。しかし、わずか6時間半後に死亡。「なぜ、娘は死ななければならなかったのか?」。何度尋ねても、担当医師からは納得いく説明が得られない。それどころか、「あなたがきちんと面倒を見ていないからこうなった」などの言葉を浴びせかけられた。 

 真実を知りたい。その思いで85年に起こした訴訟は8年後に病院側が謝罪し、和解が成立。だが、宮脇さんはそれまでにも増して精力的に活動した。「医師や医療界の意識を変えないと娘のような被害者はなくせない」。そう痛感したからだ。 

 91年の設立時から参加する原告の会で医療被害者を支

医療問題について話す「医療過誤原告の会」会長の宮脇正和さん(右)=東京都渋谷区(共同)

吹き荒れる逆風、でも・・・

医療被害者の四半世紀

シンポジウムで、医療事故調査についての第三者機関設立を求める被害者=5日、東京都渋谷区(共同)

援。90年には患者中心の医療を実現させるため、勤めていた企業を退職して医療生協の職員となり、診療所を開設した。宮脇さんたちの地道な活動で、医療被害者への理解は広まり、権利意識も高まった。医療過誤訴訟の提訴数は年々、増加。協力してくれる医師も現れた。 

 そして、99年。患者の取り違えや消毒薬の誤注入…。高度医療を提供するはずの大学病院などで起きた医療事故が次々判明し、医療への不信感が一気に噴出した。それに呼応するように、医療過誤訴訟の勝訴率も上昇し、2000年には過去最高の46・9%を記録した。「勝訴率8割超の一般の民事訴訟には及ばないが、以前は10%程度だったことを思うと画期的だった」と宮脇さん。 

 ようやく、差し始めたかに思えた光。だが06年、福島県立大野病院の医師が業務上過失致死などの疑いで逮捕(後に無罪確定)されると状況は一変する。宮脇さんは「患者側の権利が強まることに不満を持っていた一部の医師からの反撃が始まった」と振り返る。 

 その多くは医療被害者が医療崩壊を招いたとする批判だが、宮脇さんによると根拠がないものばかり。同様の主張をする著名な医師は根拠として「私がそう感じているから」と答

えたという。 

 加えて、インターネット上で匿名で行う医療被害者への誹謗(ひぼう)中傷も。07年には、奈良県の妊婦が計19の病院に転院を拒否された事件に関し、悪質な書き込みをした横浜市の医師が、侮辱罪で科料の略式命令を受けた。 

 「誤った認識が常識になりつつあるのが怖い」と宮脇さん。原告の会の調査では、医療崩壊を招くとして訴えを退ける判決も珍しくなくなっており、昨年の医療過誤訴訟の勝訴率は26・7%にまで落ち込んだ。  

 医療事故の原因を調査する第三者機関をつくる動きも、足踏みしている。医療被害者団体と日本医師会などの間で基本合意していた「医療安全調査委員会(仮称)」が、病院による調査を優先するべきとする民主党が政権を取り、先行きが不透明に。 

 「医療被害者への逆風が再び吹き荒れている」。だが宮脇さんは希望を捨てない。「医師も患者になる。良い医療をつくることは国民全体の利益になる」から。そんな宮脇さんの思いを受け止めてきた長女は看護師、長男は医学生と、それぞれ医療の道を歩んでいる。(榎並秀嗣共同通信記者)


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り