大転換 第1部 世界が変わる5

 サウジアラビアとクウェートの国境地帯にカフジ油田はある。アラビア石油(東京)が一九六〇年に発見し、「日の丸原油」が初めて産声をあげた。ペルシャ湾の沖合約四十キロの海上にある生産現場は、夏の最高気温が五〇度にも達し、蒸発した汗が体にざらついた白い跡を残す。

 「カフジでは大きなプロジェクトを動かすことができた。自己完結する仕事に達成感があった」。アラ石で環境対策を担当する三田俊一郎(みた・しゅんいちろう)さん(57)は生産施設の技術者として、カフジの砂漠で三回、計十七年半暮らした。

 低迷していた原油価格は二〇〇四年ごろから、はっきりと上昇気流に乗った。資源市場への投機資金流入、新興国のエネルギー需要への期待。資源開発ブームが世界に巻き起こった。

 資源開発の経験豊富な技術者は世界的に不足しており、高給で引き抜かれる存在になった。

 アラ石が持つカフジ油田の権益はサウジ側とクウェート側に分かれていた。政府間交渉などの結果、サウジ側の権益が二〇〇〇年に、クウェート側は〇三年に失効した。

 〇八年一月、クウェートとの技術サービス契約も切れ、アラ石はカフジから完全撤退した。生産設備を動かす現地企業が、技術者らに個人契約を持ち掛けてきた。

 四十人ほどいた技術者の大半は五十歳代。「技術には自信がある。現場を離れて中途半端に終わりたくない」と語る同僚もいた。

市場に揺れる資源開発

砂漠の油田技術者

石油の入ったボトルを手に、赴任先での思い出を語り合う三田俊一郎さん(左)と坂下卓さん=東京都品川区のアラビア石油本社

 帰国すれば再び現場に出る機会は少ない。定年になれば収入は大幅に下がる。結局、二十人ほどが現地に残る道を選び、アラ石を去った。

 三田さんは当時の年収の約二・五倍もの報酬を提示された。だが「カフジに駐在している間はずっと単身赴任だった。日本で家族と過ごす時間が必要だ」と、迷うことなく帰国を決めた。

 カフジで同僚だった坂下卓(さかした・たかし)さん(54)も、油田の産出量や生産能力を調査する技術者として、カフジで通算二十年過ごした。資材の購入、請負業者との契約。「技術以外にもあらゆる仕事をやった」と話す。

 アラ石がサウジ側の権益を失うと、現地人幹部が増え、ぎ

くしゃくした雰囲気が漂った。「アラビア人社員の間では、日本人を敬遠する感情が広がった」と、坂下さんは振り返る。

 〇八年七月、ニューヨークの原油先物相場は一時一バレル=一四〇ドル台を付けピークに達した。その後は急落し、十二月には一バレル=三〇ドル台まで下がった。米金融危機は原油市場のバブルを打ち砕き、開発ブームにも急ブレーキがかかった。

 「日本人技術者の給料は高すぎる」。カフジでは現地人幹部がこう主張し始めたといううわさが、三田さんの耳に聞こえてきた。

 会社や政府の支援もなく、市場の波に翻弄(ほんろう)されるかつての仲間たちを思い出すことが増えた。 

 「技術屋だから、明日にでも海外の現場に出たい気持ちはある。だけど現地に残っている彼らは不安だろうなあ」(小林輝彦共同通信記者)


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り