大転換 第1部 世界が変わる2

 あの日のことは一生忘れない、と誰もが言った。黒人のバラク・オバマ氏を初めて米大統領に選んだ二〇〇八年十一月四日。勝利演説が行われたオバマ氏の地元、シカゴのグラントパークには、十二万人の興奮と熱気が渦巻いていた。「私たち、やったんだ(ウィ・ディド・イット)」。米国民は人種偏見の壁を乗り越え、歴史の歯車を一つ回した。オバマ氏が発し続けた「変革」のメッセージに夢を託し、何かが大きく変わる予感に身を震わせながら…。 

  「信仰は、と聞かれたら『オバマ』と答えるの」。サマンサ・リードさん(20)は笑う。「彼はロックスターで精神的指導者」とマイケル・ロエベルさん(19)。二人はシカゴの大学でオバマ支援学生会のコーディネーターを務めた。

 オバマ氏勝利の原動力になった若者たち。米メディアの出口調査では、十八―二十九歳の有権者の66%がオバマ氏に投票した。この年齢層は、イラク戦争や金融危機など「世の中が悪くなる一方」だったブッシュ政権の八年間に多感な時期を過ごし、「こんな時代のまま大人になるのは嫌だ」と感じていた。

 そこへ彗星(すいせい)のように現れたオバマ氏。多様な文化に触れ、インターネットを駆使する「若い世代の代表」。シカゴの学生、オーブリー・ブランチェさん(19)の母は「オバマはあなたたちの世代のケネディね」と言った。一九六〇年の大統領選。オバマ氏と同じように若く、カリスマ性をもったケネディに米国民は夢を託した。が、ケネディの命を奪った凶弾とともに夢はついえ、米国は公民権運動の混乱、ベトナム戦争の泥沼へとはまりこんでいく。

 「わたしたちも同じような道を通ったけど結局駄目だった」。母の言葉にブランチェさんは「でも今じゃなかったらいつやるの」と、オバマ氏の選挙運動に飛び込んだ。

「モデル」過信市場暴走

オバマに託す夢

米大統領戦に勝利し、シカゴで支持者の歓声に応えるバラク・オバマ氏=08年11月4日(ロイター=共同)

 オバマ氏の支持網は、インターネット上で“友達の輪”を広げていくサイト「フェースブック」などを通じて築かれた。

 「あなたが最も重要だと思う課題は?」。ネットワーク参加者には選挙後、オバマ氏の政策チームからこんな電子メールが送られてきた。ネットで政策を市民に問う初の試みに五十五万人が回答、政策チームはこれをさまざまな角度から分析し、緊急経済対策策定などに役立てている。

 ネットを通じて伝わる有権者の生の声を基に政策が立案されていく「ネット民主主義」に挑戦するオバマ氏。変化の風は既に吹き始めている。

 十二月上旬のシカゴ。景気悪化で解雇された労働者ら約二百五十人が窓・ドア製作工場を占拠した。大恐慌当時の一九三〇年代以来となる工場占拠事件に全米が注目する中、オバマ氏は労働者支持を表明。一週間後、争議は労働者側の勝利で終結した。労働運動に厳しい米国では異例で、地元記者は「オバマ時代」を先取りしたと話す。

 「オバマ勝利は価値観に対する非暴力の革命だ」。黒人指導者ジェシー・ジャクソン師は力強く言った。(舟越美夏共同記者)

地図

上向き連合

 米ジャーナリストのロナルド・ブラウンスタイン氏は、オバマ氏勝利に貢献した若者、ヒスパニック、高学歴の白人を「上向き連合」と呼ぶ。今後、米社会の中核を担い、影響力の増大が見込めるグループだからだ。一九三〇年代に公共事業拡大のニューディール政策で大恐慌を乗り切ったルーズベルト大統領は労働者中心の「ニューディール連合」を築いたが、上向き連合はこれに替わる民主党の支持基盤になるとみられている。


第1部 世界が変わる
第2部 生き方が変わる
第3部 日本人が変わる
第4部 資本主義が変わる
第5部 老いが変わる
第6部 働き方が変わる
①迷走する金融資本主義 ①見えてきた「生存」 ①ペンキ塗りの技伝える ①通貨暴落、住宅ローン倍に ①97歳の「出張授業」 ①海に生きる
②オバマに託す夢 ②「貧乏」を逆手に ②安い労働力、国外に求め ②「反資本主義」広がる支持 ②ボランティアで症状緩和 ②半農半X
③変革の裏側で ③女たちのルネサンス ③銀座に香港の「寿司王」 ③モノあふれ、価値観激変 ③バリアだらけで自立促す ③障害者の就労
④過熱した美術市場 ④「障害」を見つめる ④国籍捨て政治家目指す ④低価格車に誇り抱く ④ふれあう「命」支える ④派遣を超える
⑤砂漠の技術者 ⑤農村が都会動かす ⑤言葉の壁越え高校合格 ⑤大学起点に企業集団 ⑤技術が補う身体機能 ⑤面白法人でいく
⑥サムライ流多元主義 ⑥リアルを求めて ⑥ニューカマーが示す未来 ⑥目標捨てず、驚異の回復 ⑥山に生きる
⑦気付けば少数“先住民”
第7部 食が変わる
第8部 感覚が変わる
第9部 まつりごとが変わる
第10部 リサイクルが変わる
第11部 恋愛が変わる
第12部 権利が変わる
①中国ネット企業が養豚参入 ①体験と結び付き記憶に ①旋風過ぎ、残る重圧感 ①下水道から黄金取り出せ ①おせっかいかもしれないが ①裁判が認めた風景の価値
②資源も収入も減る一方 ②体震わす文脈なき歌詞 ②ネット選挙“加速”へ ②バイオ燃料、起点に循環 ②トラブル避けて出会い模索 ②納得して死んでいきたい
③「いただく」を実感 ③体との境界あいまいに ③投票率上がれ、学生奮起 ③鉱山技術で資源回収 ③わが子思い仲介に奔走 ③機関投資家の責任重く
④実態伝えぬ自給率 ④心の在りかの謎が再燃 ④初めて棄権、次は民主も ④大打撃の中古車ビジネス ④「光の出会い」幸せつかむ ④国際化の波、家族観にも
⑤捨てない努力が根付く ⑤想像し、深く感じ取る ⑤共感力失い政権転落 ⑤古民家を離島体験の拠点に ⑤彼女は画面に映るキャラ ⑤吹き荒れる逆風、でも…
⑥1日300錠の“食事” ⑥本をちゃんと届けたい ⑥性を超え、結婚を超えて ⑥“自主カメラ”急増中
⑦栄養の謎に挑む研究者 ⑦長距離ドライブを相乗り