47NEWS >  47トピックス >  文化芸術

47トピックス

エンタメ

【神戸新聞のコラム】 AIのひとり言「僕らが3日で覚える間、人の世は何百年もたったげな」

【神戸新聞】<正平調>■そこに時を忘れるほどの熱情はないだろう 「銀の匙(さじ)」で知られる作家の中勘助(なかかんすけ)に「斧(おの)の柄」という詩がある。山に入ったきこりが〈子供の碁打ちを見てたとさ〉。気づけば日が暮れかかっていた◆〈おつとしまつた ついそれ夢中で どれどれやつとこさ/と 立つてみたればこりやどうぢや/斧は赤錆(あかさび) 斧の柄はぼろぼろ/帰りやこの世は何百年もたつたげな〉◆詩は中国に伝わる話をもとにしている。まるで浦島太郎だが、知らぬうちに過ぎ去っていく時の流れはすさまじい。斧の柄(柯)の爛(ただ)れにも気づかないほど夢中になってしまう-。「爛柯(らんか)」は囲碁の別…【続きを読む】


【河北新報 コラム】河北春秋 文庫本が売れない時代

【河北新報】<河北春秋> ■もっと議論が必要だ  弘前市出身の奇才、寺山修司の著書に『ポケットに名言を』がある。学生時代、文庫本をいつもジーパンの後ろポケットに…【続きを読む】


【神戸新聞 社説】作家イシグロ氏/日英の文化が育んだ

【神戸新聞】<社説> ■どんなスピーチで人々の記憶に刻まれるのか。楽しみに待ちたい  昨年はボブ・ディラン氏の受賞で論争を巻き起こしたノーベル文学賞だが、今年は…【続きを読む】


Page: <<前の10件 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10